Rakuten infoseek

辞書

ニューロン【にゅーろん】

デジタル大辞泉

ニューロン(neuron)
神経細胞のこと。ノイロン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ニューロン
 神経単位,神経元ともいう.神経系の構造的,機能的単位.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ニューロン【neuron】
神経細胞と同義である。神経元,神経単位ともいう。ニューロンは細胞体とその突起からなり,他のニューロンからの刺激,あるいは外界からの非神経性刺激を感受する能力と,他のニューロンあるいは非ニューロンに伝達されるような刺激を自身の内部で生成する能力とをあわせ備えている。ニューロンの細胞体soma(核周部perikaryonとも呼ばれる)は一般に大型であって,直径が30μm程度の球に匹敵する大きさを示すことが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ニューロン【neuron】
神経単位のことで、神経細胞体・樹状突起・軸索からなる。刺激を受容・伝達する機能をもつ。神経元。神経細胞。ノイロン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニューロン
neuron
神経系を構成する基本単位。神経細胞あるいはノイロンともいう。形態的に分けると,細胞体,樹状突起軸索突起からなっている。形は球形,三角形など多様。細胞体の中には,一般の細胞と同じように 1個の核,遺伝物質,ミトコンドリアがあるほか,特有のものとしてニッスル小体というニッスル染色で青紫色に染まる物質をもっている。機能上からニューロンを分類すると,求心性 (感覚) ニューロン,遠心性 (運動) ニューロン,介在性ニューロンに分かれる。その効果からは興奮性ニューロン,抑制性ニューロンに分けられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニューロン
にゅーろん
neuroneneuron
神経細胞のことで、細胞体と多数の樹状突起、および1本の軸索(突起)とからなる。ノイロンNeuron(ドイツ語)ともよび、神経元、神経単位などとも訳される。ニューロンは神経系の形態的・機能的構成単位である。ヒトの神経系は、約1000億のニューロンによって構成されるといわれている。[市岡正道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ニューロン
〘名〙 (neuron) =しんけいたんい(神経単位)頭脳(1958)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニューロンの関連情報

他サービスで検索

「ニューロン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.