Rakuten infoseek

辞書

ニュートン力学【ニュートンりきがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニュートン力学
ニュートンりきがく
Newtonian mechanics
ニュートン運動の法則に基づいた力学。系に作用する力を既知として系の運動を論じるニュートン形式と,これを数学的に整備・発展させ,系の力学的エネルギーなどを既知として系の運動を論じる解析力学とに大別される。ニュートン力学は,光速度に比べて遅い速度の巨視的物体の運動に対し有効に適用される。光速度に近い高速度の運動に対しては相対論的力学に修正され,また分子,原子,原子核などの微視的な系に対しては量子力学が適用される。これらの力学に対してニュートン力学は古典力学とも呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニュートン‐りきがく【ニュートン力学】
ニュートンの運動の法則を基礎に確立された力学体系。量子力学などに対していう。古典力学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

ニュートン力学【Newtonian mechanics】
ニュートンの運動の法則*によって記述される力学系をいう.相対論的取扱いとは違って,質量とエネルギーとが独立な力学的性質をもつと見なされる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にゅーとんりきがく【ニュートン力学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ニュートンりきがく【ニュートン力学】
ニュートンの運動の法則を基礎として組み立てられた力学。古典力学・古典物理学の基本。相対論的力学や量子力学に対していう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ニュートン‐りきがく【ニュートン力学】
〘名〙 ニュートンが運動の法則万有引力の法則を確立したことによって作りあげられた力学体系。量子力学や相対性理論に対して、古典力学とも呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニュートン力学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニュートン力学の関連情報

他サービスで検索

「ニュートン力学」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.