Rakuten infoseek

辞書

ニトログリセリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニトログリセリン
nitroglycerin; glycerine trinitrate
三硝酸グリセリン (グリセリンの三硝酸エステル) 。無色油状液。比重 1.596 (15℃) 。結晶に安定形 (融点 13.2~13.5℃) と不安定形 (融点 1.9~2.2℃) がある。工業製品は8℃付近で凍結,14℃付近で融解する。爆速には,7500~8000 m/s の高爆速域と,起爆源が弱いかまたは薬径が小さい場合に見られる 1500~2000 m/s の低爆速域とがある。衝撃や摩擦により爆発しやすい。ダイナマイト無煙火薬の基剤として使われる。また医薬には,おもに冠血管拡張剤として使われる。口腔粘膜からの吸収がよく,速効性なので,舌下錠として用いられるが,作用時間が短いため,近年テープにしみこませて皮膚から吸収させることも試みられている。平滑筋に直接作用し,末梢血管を拡張し,血流量を増大させる。動・静脈ともに細い血管よりも太い血管に作用し,特に冠循環の太い血管や側副血行路に持続的な拡張作用を示すので,冠不全の治療に使用される。副作用としては,大量の亜硝酸イオンがメトヘモグロビンを形成し,チアノーゼをきたすが,これはシアン中毒の解毒に応用されている。そのほか,血管拡張による頭痛,吐き気,嘔吐,眼内圧や髄液圧の上昇,血圧下降などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニトログリセリン(nitroglycerin/nitroglycerine)
グリセリン硝酸エステルグリセリン硝酸硫酸混合物で処理して得られる無色の油状液体。わずかの衝撃でも爆発し、威力は大きい。ダイナマイト・無煙火薬の原料。血管拡張作用があり発作が緩解されるので、狭心症などに舌下錠として用いる。化学式C3H5N3O9

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ニトログリセリン
 C3H5N3O9 (mw227.09).

 爆発性の強い亜硝酸化合物.冠状血管拡張薬として,狭心症発作の治療に用いられる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典

ニトログリセリン
狭心症の薬で、血管を拡張させ心筋酸素供給を増加させる作用があります。即効性のある舌下錠やスプレー式のものと、予防用の錠剤貼付剤軟膏などがあります。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ニトログリセリン【nitroglycerin】
化学式C3H5(ONO2)3。グリセリンの硝酸エステル。NGと略記される。1846年イタリアのA.ソブレロによって初めてグリセリンと硝酸との反応で合成された。彼は〈ニトログリセリンの1滴をビーカーに入れ熱を加えたところ爆発し,ビーカーの破片が見物人の上に飛び散り,顔と手に深くつきささった〉と述べている。ソブレロ自身はこの敏感な液体は爆薬として使い物にならないと考えたが,その強力な爆発威力に注目した人々によって多くの鉱山で使われるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ニトログリセリン【nitroglycerin】
グリセリンの硝酸エステル。化学式 C3H5N3O9 グリセリンを水を含まない混酸と反応させてつくる無色の油状液体。きわめて爆発しやすく、ダイナマイト・無煙火薬の原料となる。また、冠状動脈に直接作用して拡張させるので狭心症・心筋梗塞に舌下錠として用いる。三硝酸グリセリン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニトログリセリン
にとろぐりせりん
nitroglycerine
グリセリンの硝酸エステル。NGと略記される。1846年イタリアのソブレロによって初めて合成された。ソブレロ自身は、ニトログリセリンの爆発性があまりに激しいので使い物にならないと考えた。しかし、この強力な爆発威力に注目した人々によって鉱山で発破(はっぱ)用に使われていたが、たいへん敏感な液体で、岩の割れ目に流れ込んだりして予期しない爆発事故をおこした。また、凝固点が低いので冬には凍結し、それを溶かすときにも爆発事故をおこした。
 ニトログリセリンは、それまで使われてきた黒色火薬の7倍の爆破威力があったが、黒色火薬と違って、導火線で点火したのでは燃えるだけで確実に爆発させることはできなかった。スウェーデンのノーベルは、ニトログリセリンを確実に爆発させるために雷管を発明(1864)して、ニトログリセリンおよびそれに続くダイナマイトの爆破薬としての用途を確立した。
 ニトログリセリンはそのもの単独では危険すぎたので、ノーベルはそれを安全にして使える珪藻土(けいそうど)ダイナマイトおよびゼラチンダイナマイトを発明して、ニトログリセリンの爆薬原料としての用途を確立した。また、ニトログリセリンを窒素量12%前後のニトロセルロースと混ぜて高性能のダブルベース無煙火薬(バリスタイト)を発明した。このように、ニトログリセリンを実用化するためにノーベルの果たした役割は大きい。[吉田忠雄・伊達新吾]

性質

ニトログリセリンは無色透明の液体で甘味をもつ。水に難溶であるが有機溶媒に溶ける。窒素量12%前後のニトロセルロースを混合して膠化(こうか)し、ニトログリセリンの打撃や摩擦に対する感度を低下させて用いる。水酸化ナトリウム(カ性ソーダ)のアルコール溶液で分解し非爆発性となる。開放状態では少量のニトログリセリンは点火しただけでは爆発しないで燃えるだけである。密閉したり、大量であると爆発に移行する。ニトログリセリンの1滴を200℃付近の鉄板上に落とすと爆発するが、400℃付近では燃えるだけである。爆速は毎秒7500~8000メートルの高速爆速と、1500~2000メートルの低速爆速がある。
 現在ダイナマイト原料のニトログリセリンとしては、ニトログリコールとの混合物が用いられている。ニトログリコールはニトログリセリンの不凍剤として用いられるようになったが、膠化促進剤としての役割も認められている。しかし、蒸気圧が高くて毒性も強く、過去にダイナマイト製造工場ではニトログリコール中毒事故をおこしたことがあった。そのため、日本では、ニトログリセリンとニトログリコールの混合液中のニトログリコール混合割合は最大38%に抑えられている。なお、ニトログリコールを取り扱う工程では、十分に換気を行い、また、皮膚接触を避ける方策が講じられている。[吉田忠雄・伊達新吾]

医薬用

狭心症の発作の予防に古くから用いられている。希釈された場合には爆発力はない。舌下錠として口腔(こうくう)粘膜から吸収させて適用する。刺すような味を呈する。本剤は揮発性で、綿花、塩化ビニルなどのプラスチックに吸着されると効果が低下するので、保管にはガラス容器を用い、密栓する。最近では軟膏(なんこう)、プラスター(貼付(ちょうふ)薬)ができ、塗布または貼付して狭心症の予防に用いられる。さらに注射液として血圧降下の目的で点滴静脈注射で用いられる。[幸保文治]
『山川並雄著『産業火薬』(1982・日本産業火薬会) ▽火薬学会編、田村昌三監修『エネルギー物質ハンドブック』第2版(2010・共立出版) ▽日本火薬工業会資料編集部編『火薬学』初版(2012・日本火薬工業会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ニトロ‐グリセリン
〘名〙 (nitroglycerin) グリセリンの硝酸エステル。化学式 C3H5(ONO2)3 無色透明の油状液体。水を含まないグリセリン(ダイナマイトグリセリン)を硫酸と硝酸との混酸で処理してつくる。きわめて敏感で爆発しやすく、爆発威力も大きい。工業製品は摂氏八度前後で凍り、一四度ぐらいで溶ける。一八六六年、ノーベルはこれに珪藻土を配合してダイナマイトを発明。ダイナマイト・無煙火薬の原料、ロケット推進材等のほか、血管拡張薬として医薬品などに用いられる。三硝酸グリセリン。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ニトログリセリン
ニトログリセリン
nitroglycerin

1,2,3-propanetriol trinitrate.C3H5N3O9(227.09).グリセリン(98.5% 以上,1.262以上)を,98% 濃硝酸,98% 濃硫酸,および30% 発煙硫酸の混酸(硝酸分50%,硫酸分50%,H2O0%)に噴霧状にして注入し,反応温度を18 ℃ 以下におさえてエステル化する.生成したニトログリセリンは酸の上に浮いてくるので,これを分離し,順次,水,炭酸ナトリウム水溶液,温水(40 ℃ 以下)で洗浄したのち,綿布などで濾過すると得られる.無色透明の油状液体.結晶には不安定形と安定形の2種類がある.不安定形は融点2.8 ℃.安定形は融点13.5 ℃.1.599,1.6009.1.474.多くの有機溶剤に可溶,水に難溶.50~60 ℃ で分解しはじめ,218 ℃ で爆発する.摩擦,衝撃などでも容易に爆発する.爆発熱6.3 kJ kg-1.ニトログリセリンはダイナマイトや無煙火薬の原料になるほか,皮膚や粘膜から吸収されて血管を広げる作用があり,少量で血管拡張剤(血圧降下)に用いられるが,その取り扱い中に頭痛や,めまいを起こす副作用があるので,注意が必要である.[CAS 55-63-0]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニトログリセリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニトログリセリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.