Rakuten infoseek

辞書

ニコラウス1世【ニコラウスいっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニコラウス1世
ニコラウスいっせい
Nicolaus I
[生]800頃.ローマ
[没]867.11.13.
教皇在位 858~867),聖人。大教皇の名をもつ。コンスタンチノープル総大司教位をめぐる争いイグナチウスを支持,863年フォチオス破門,フォチオスも 867年にニコラウスを破門し,東西教会分裂への一歩を踏み出した。ロレーヌ王ロタール(→ロタール2世)の離婚を認めず,教会の婚姻承認権を強く主張。司教に対し大司教の意向にかかわらずローマに直接訴える権利を認めた。ブルガリア布教を促進。おそらく初めて偽イシドルス法令集を取り上げ,ペテロに由来する教皇権高揚に努めた。祝日 11月13日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコラウス1世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニコラウス1世の関連情報

関連キーワード

フォティオスミカエル3世キャスター セメンヤキャスター セメンヤケイティ レデッキー特定扶養控除セバスチャン コーロッテ フリースレベッカ アドリントンセバスチャン コー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.