Rakuten infoseek

辞書

ニコデモ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニコデモ
Nicodemus
ヨハネによる福音書』に記されているユダヤ人学者。イエスに反対するパリサイ派一員であったが,夜ひそかにイエスを訪れて問答し,イエスは新生について教えたとされる (3・1~21) 。イエスの活動に好意的であったようで (7・50~51) ,イエスの処刑後,その埋葬のために香料を持参したという (19・39) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ニコデモ【Nicodemus】
ヘレニズムとユダヤ教の領域に多い人名。《ヨハネによる福音書》3章1節以下では,パリサイ派に属し,最高議会(サンヘドリン)の議員でもある同名の人物がイエスと対話する。イエスその人の中に神の最終的な啓示者を認めることに失敗するが,他方イエスに終始好意を抱き続ける人物として描かれる(同7:50以下,19:39)。その背後に特定の歴史上の人物が前提されている可能性は少ない。【大貫 隆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ニコデモ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニコデモの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.