Rakuten infoseek

辞書

ニグリ値【ニグリち】

岩石学辞典

ニグリ値
火成岩の化学分析値の重量パーセントを,対応する酸化物分子数から作った分子量で割ったもの.これらの値をグループにまとめ,加算して再計算して100とした値で,ニグリ値のsi, al, fm, c, alkを作る[Niggli : 1927, Barth : 1952].この値は比較的容易に計算できて便利であるが,最近はあまり使用されない.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

ニグリ値【Niggli value】
岩石の化学分析の結果の重量百分率の値をそれぞれの酸化物の分子量で割って分子数比(モル数比)に換算する.Fe2O3 の分子数はFeOに換算してそちらに加算する.Al2O3,FeO+MgO+MnO,CaO,K2O+Na2O の分子数の百分率を求め,それぞれの数位を alfmcalk として表す(alfmcalk=100).SiO2,TiO2,P2O5,H2Oなどの分子数は,Al2O3 の分子数を al としたのと同じ換算係数をかけて換算し,それぞれ sitiph で表す.

さらにK2O/alkk,MgO/fmm&scriptg; を求め,最後に si- {(alk をすべて長石にするのに必要なSiO2 量)+(c をすべて灰長石にするのに必要なSiO2 量) }=qa を求める.こうして得られた alfmcalkm&scriptg;kqa の値をニグリ値,またはニグリ数という.前六者は火成岩や変成岩の化学的関係を論じるのに有益で,qz は存在しうる後部成分を暗示する.qa がプラスの大きな値の組成を示す岩石にはシリカに富む鉱物が存在するし,負の大きな値であれば,カンラン石や長石類が存在することがわかる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニグリ値」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニグリ値の関連情報

他サービスで検索

「ニグリ値」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.