Rakuten infoseek

辞書

ナントの王令【ナントのおうれい】

世界大百科事典 第2版

ナントのおうれい【ナントの王令 Édit de Nantes】
1598年4月13日,フランス国王アンリ4世がナントで発布した王令。〈ナントの勅令〉とも。アンリ4世は1589年登位の後もカトリック(旧教)勢力の根強い抵抗に直面したが,93年旧教に改宗してシャルトルで聖別式を行いパリに入城,以後旧教徒と新教徒の和解に努力を傾注した。ナントの王令はその結実であるが,宗教戦争渦中にすでに萌芽の見られた〈寛容王令〉の集大成であり,この王令により,1562年以来30余年に及んだ宗教戦乱に一応の終止符が打たれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナントの王令
なんとのおうれい
Edit de Nantes
1598年4月、フランス西部の都市ナントでアンリ4世によって公布された王令。ナントの勅令ともいう。フランス宗教戦争時代の二つの精神・理論・伝統であるカトリックとプロテスタントとの信仰を合法的に共存させて国内の平和回復を求めたもの。王令それ自体は目新しいものではなく、カトリーヌ・ド・メディシスやアンリ3世が公布した寛容王令を受け継いでいたが、永続的かつ取消しのできないものとされた。フランス・ユグノー(プロテスタント)の権利と特典の憲章とみなされ、定められた場所での礼拝の自由も認められて、寛容時代の開幕を告げることとなった。その後の平和が心もとないものであったにしても、フランス国王の権威の回復にあずかって力があったことは否定できない。17世紀に入ってリシュリューやマザランは、ナントの王令を中央集権的原理に生かしつつ、ユグノーの政治的特権の打破に努め、1685年にはルイ14世がこの王令を撤回することになる。[志垣嘉夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナントの王令」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナントの王令の関連情報

関連キーワード

チャップマン太閤検地フェリペ文禄・慶長の役マルティンスフェリペ朝鮮文学ボリス・ゴドゥノフ安土桃山時代春日山藩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.