Rakuten infoseek

辞書

ナラ【なら】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナラ
なら / 楢
ブナ科(APG分類:ブナ科)コナラQuercusのコナラ亜属Lepidobalanusのうち、落葉性の種をさす総称。日本ではコナラ、ミズナラ、ナラガシワを一般にナラ類とし、同亜属のクヌギ、カシワなどは含まない。ナラ類のうちコナラは日本全土の低山地から平地の雑木林に普通に分布する。古来より薪(まき)やナラ炭として重要であったが、近年はもっぱらシイタケ栽培の原木として利用されるくらいである。
 また、コナラより高い所に生育するミズナラは大径木が残っており、高級家具材として有用となってきている。一方、ナラと対照されるカシ類はコナラ属アカガシ亜属Cychrobalanopsisに含まれ、すべて常緑であり、東南アジアと日本のみに約50種が分布する。[萩原信介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナラの関連情報

関連キーワード

APG分類体系アケビマツモ(沈水植物)イグサ科キンギョモナギイカダホザキノフサモアヤメアリドオシランインドボダイジュ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.