Rakuten infoseek

辞書

ナツメグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナツメグ
nutmeg
東南アジア原産のニクズク (肉豆く) の種子の胚乳部分,およびそれからつくる香味料。肉豆くの名で古くから健胃剤,香料,嗜好品として用いられた。この胚乳を包む仮種皮は赤く,その部分まで含めて乾燥したものをニクズク花またはメース maceと呼び,やはり香料や薬用として有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ナツメグ(nutmeg)
ニクズクの種子。香味料とし、肉料理やハム・ソーセージなど食肉の加工に使用。ナツメッグ。ナッツメッグ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ナツメグ
 [Myristica fragrans].ニクズクともいう.モクレン目ニクズク科ニクズク属に属するスパイスの一つ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

ナツメグ
ナツメグはコショウ、シナモン、クローブとならぶ四大香辛料の1つです。スパイスがとれるのはナツメグの木の種子で、その中にある仁(じん)を取りだしたのが、おなじみのスパイス、ナツメグ。
 一方、種子のまわりを包むレース状の皮もスパイスとして使われ、こちらはメースと呼ばれます。
 ナツメグは、食用はもちろん、薬用としても古くから珍重されてきました。とくに東洋でさかんに使われ、インドでは3000年以上前から頭痛薬、媚薬(びやく)として重要な存在。また、漢方では肉豆蒄(にくずく)といい、健胃薬や下痢(げり)止め、母乳の分泌促進(ぶんぴつそくしん)の薬などに、処方されています。
 ナツメグには主として、健胃、駆風(くふう)(腸管内にたまったガスの排除)、止瀉(ししゃ)、解熱、血行促進、催淫(さいいん)、興奮といった作用があります。具体的な症状としては、食欲不振、胃腸炎、腹部膨満、腹痛、下痢、吐(は)き気(け)、頭痛などに効果を発揮します。
○外用としての使い方
 インドでは粉末を糊(のり)状に練ったものが、湿疹(しっしん)や疥癬(かいせん)の外用薬に使われています。
 ただし、ナツメグは大量に摂取すると、強力な幻覚作用や興奮作用を示し、逆に有毒となるので要注意。そのため、1日の摂取量は3g以下にとどめ、精油を飲用するときは、かならず専門家の指示にしたがってください。もちろん、通常、料理に使う程度の量であれば、まったく問題はありません。
〈挽き肉料理やクッキー、ドーナツと相性バツグン〉
○食品としての使い方
 ナツメグの持ち味は、甘くエキゾチックな香りと、まろやかなほろにがさです。メースも同様の風味をもっていますが、こちらはよりソフトで繊細なのが特徴。
 その風味は挽き肉料理と相性がよく、ハンバーグやミートローフなどに欠かせないほか、クッキーやドーナツにも、好んで用いられます。
 また、キャベツを加熱したときにでる特有の臭みは、ナツメグやメースを加えると見事に消えます。
 なお、粉末品は香りが飛びやすいので、できれば料理のたびに種子をすりおろして使いましょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版

なつめぐ【ナツメグ】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ナツメグ【nutmeg】
ニクズクの種子の仁。また、それから作る香味料。主に肉料理に使用する。ナッツメッグ。ナツメッグ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナツメグ
なつめぐ
nutmeg
ニクズク(ニクズク科の常緑高木)の果実の種子。古くから肉荳(にくずく)とよばれた漢方薬でもあり、肉料理の主要な香辛料の一つ。インドネシア、モルッカ諸島が原産であるが、現在ではモルッカのほかに西インド諸島のグレナダ島やスリランカを主産地とする。開花後約6か月で果実が成熟して割れ、中から鮮やかな深紅色疎網状の仮種皮に包まれた黒褐色の殻が出てくる。この仮種皮が香辛料のメースで、仮種皮をはがして乾燥させた殻を割った中の褐色大粒の種子がナツメグである。
 漢方では下痢、腹痛に用い、母乳促進、消化促進に効果があるとしていろいろな処方に配合される。二神丹(にしんたん)(食欲増進)、六君子湯(りっくんしとう)(下痢止め)、草荳(そうずくさん)(口臭止め)、通泉散(つうせんさん)(母乳促進)などが有名であり、芳香健胃剤としてもよく用いられる。大量に(大さじ一杯以上)食べると強い催眠と知覚麻痺(まひ)に襲われ、LSDと同様の時間・空間の失覚や非実在的幻覚をおこすが、頭痛、めまい、のどの渇き、心悸亢進(しんきこうしん)、嘔吐(おうと)のような後遺副作用はないという。
 ナツメグのスパイシーで甘い刺激性の香りはメースとよく似ているが、味はまろやかなほろ苦さがあって、メースよりは強い。香辛料としては、肉の生臭さを消す矯臭作用が非常に強いので、肉料理、とくにひき肉料理には欠かせない。ハンバーグ、ミートボール、ロールキャベツ、コロッケ、メンチカツ、ミートソースにはかならず用いられる。また、ジャガイモ、キャベツ、ホウレンソウ、カブなどの野菜の甘味を引き出す効果もあるので野菜料理にも用いるほか、プディング、ケーキ、クッキー、ドーナツ、パイなどの菓子類の風味づけ、アレキサンダーやエッグノッグなどのカクテルにも愛好されるなど用途は広い。普通、乾燥粉末状で市販されているが、原形(ホール)のナツメグをおろし金でおろしたものは新鮮な芳香を楽しむことができる。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナツメグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナツメグの関連情報

他サービスで検索

「ナツメグ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.