Rakuten infoseek

辞書

ナイロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナイロン
nylon
長鎖状ポリアミドの総称。アメリカの W.カロザースが,絹に似た合成繊維を目指して詳細な基礎研究をした結果発明したもの (1935) 。初めは商品名であったが,のちに一般名として使われるようになった。アジピン酸 (炭素原子数6) とヘキサメチレンジアミン (6) からつくられるナイロンは 6.6-ナイロン (ポリヘキサメチレンアジポアミド) ,カプロラクタム (6) の開環重合でできるナイロンは6-ナイロン (ポリカプラミド) という。日本では6-ナイロンが多くつくられている。このほか6,10-ナイロン,7-ナイロン,9-ナイロン,11-ナイロンなどがある。いずれも耐摩耗性,耐衝撃性がすぐれ,繊維として広く使われるほか,機械部品やファスナーなどの用途もある。最近では芳香族ナイロンも次第に増加している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ナイロン(nylon)
ポリアミド合成繊維の総称。絹に似た光沢があり、耐久性は勝るが、熱に弱い。アジピン酸とヘキサメチレンジアミンとの縮重合によって得られるものと、カプロラクタムの開環重合によるものがある。1935年に米国のカロザースが発明。衣料などのほか、成形品にも用いられる。もと商品名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ナイロン
 主鎖にアミド結合をもつ化合物で,通常線状のもの.ジアミンと二塩基酸を重縮合させたり,ラクタムを開環重合させたり,アミノカルボン酸を重縮合させたりして合成する.アジピン酸とヘキサメチレンジアミンの重合体ナイロン66,ε-カプロラクタムの開環重合体ナイロン6が広く用いられている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ナイロン【nylon】
ナイロンは人類が最初に工業生産した合成繊維である。1930年代初頭,高分子説が認められたが,それを合成面から確立したのがアメリカのW.H.カロザーズである。カロザーズは重合反応の基礎的研究を広範囲に行い,低分子から重合によって高分子ナイロンを作り出した。38年,アメリカのデュポン社によってパイロットプラント規模で製造された最初のナイロンはナイロン66(ろくろく)で,アジピン酸とヘキサメチレンジアミンから合成され,紡糸によって合成繊維が作られた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ナイロン【nylon】
アメリカの化学者カロザースが発明し、彼の所属したデュポン社が工業化した、アジピン酸とヘキサメチレンジアミンの縮合重合により得られる合成繊維( 6 、 6 -ナイロン)。また、それと類似の構造をもつ一群のポリアミド系合成高分子の総称で、 6 -ナイロンなど十数種ある。絹に似た光沢をもち、引っ張り強度・耐屈曲性にすぐれる。絹・人絹より比重が軽く、衣料・漁網・ロープなどに広く用いられる。商標名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナイロン
ないろん
Nylon
1935年、アメリカのW・H・カロザースによって発明された合成繊維の商品名であったが、現在では繊維を形づくる性質をもった合成高分子ポリアミドの総称になっている。1939年、アメリカの化学会社デュポンから世界最初の本格的合成繊維として発売された。ポリアミドは脂肪族、芳香族、脂環式ポリアミドに分類される。いずれもアミド結合で連なった線状の高分子である。
 糸は生糸によく似た光沢をもち、生糸よりずっとじょうぶであった。そのため、それまで生糸から加工されていた女性用靴下(ストッキング)にナイロンが用いられるようになり、第二次世界大戦前には生産高世界一であった日本の生糸の輸出は激減した。現在、ポリエステル、アクリル繊維とともに合成繊維の主力を占めている。[垣内 弘]

ナイロン命名の由来

なぜナイロンとよんだかは不明だが、初めはNorunとした。しかしこれは発音がむずかしいというのでNylonとしたようである。Nylonそのものは、1850年にイギリスのシュークリームにつけられた名称であったと、一般に伝えられている、この繊維による日本からの絹の追放を宣言したという「Now you lousy old Nipponese !」や「Now look out Nippon」の頭文字であるという説も、いずれも確かなものではない。井本稔(みのる)(1908―99)は『ナイロンの発見』のなかで、カロザース自身がnihil(虚無)から造語したという説を述べている。[垣内 弘]

合成と種類

ナイロンという商品名が、カロザースの功績をたたえ化学名としても用いられているが、線状高分子の脂肪族ポリアミドの数は数百以上にもなる。現在、合成繊維として商品化されているものは主として2種類で、一つはデュポン社が最初に発売したナイロン6,6(6,6-ナイロン)である。この6,6という意味はアミド基で結合している脂肪族化合物2種類の構成分子が、いずれも炭素数6個ということを示している。いま一つは、ナイロン6(6-ナイロン)である。[垣内 弘]
ナイロン6,6
アジピン酸とヘキサメチレンジアミンの等モルをアルコールまたは水を溶媒として混合すると、ナイロン6,6塩(融点183~184℃)NH3(CH2)6NHOC(CH2)4COOを生成する。この塩水溶液を加熱脱水して重縮合(縮合の繰り返しによって低分子物質から高分子物質を生成させる反応をいう)させていき、溶融状態で紡糸機で糸を引き出す溶融紡糸を行う。[垣内 弘]
ナイロン6
アメリカ以外の多くの国で工業化されているものはナイロン6(6-ナイロン)で、これはドイツの化学会社BASFのシュラックP. Schlackによって1938年に発明され、1943年に商品化されたもので、製法としては環状アミドのカプロラクタムからスタートする。カプロラクタムの製造法は、やはりベンゼンを原料としている。
 ナイロン6,6と6とはアミド基の配列の順序が変わるだけで、繊維としての諸性質はよく似ている。融点だけは6,6が250℃、6は215℃と異なる。[垣内 弘]
その他のナイロン
ナイロン6,6とナイロン6以外にもナイロンの種類は数多いが、実用化しているものにフランスで工業化されているリルサンRilsanがある。これは、ひまし油からのアミノウンデカンサン酸を原料としたナイロン11(11-ナイロン)である。また1988年、ヘキサメチレンジアミンとドデカンジオン酸からつくられたナイロン6,12(6,12-ナイロン)は、単繊維および靴下用にアメリカで生産されている。[垣内 弘]

ナイロンの性能と用途

ナイロンは一般に強靭(きょうじん)で、耐油性、耐薬品性に優れ、かなりの高温から低温にわたって安定して使用できる。ナイロンプラスチック(紡糸しないナイロン)はエンジニアリング・プラスチックとして代表的なものである。とくに摩擦係数が小さく、耐摩耗性に優れているので、タイプライターなど高級事務用品の無音歯車、カム、ベアリングなどの機械部品や、滑車、戸車などの建材部品、ファスナーなどに使われている。また、ナイロン6はフィルムとして強靭性、酸素遮断性、耐油性に優れている特徴を生かして油性食品や冷凍食品の包装に用いられる。ナイロン6,6のフィルムは耐熱性に優れる。
 ナイロン繊維は次の特性、すなわち高い引張り強さ、低い弾性率、低い吸水率、高い耐摩耗性、パーマネントセットができる能力などをもち、編物、織物、人工毛髪として広く用いられている。引張り強さが高いために、非常に薄い織物構造、とくに女性用靴下に独占的な用途をもっている。さらに、羊毛あるいは木綿やレーヨンと混紡することによって広範囲に利用されている。また、1960年代後半以降、芳香族ポリアミド(アラミドaramid)が新しいポリアミドとして脚光を浴びている。[垣内 弘]
『水谷久一著『ナイロンとテトロン』(1958・産業図書) ▽井本稔著『ナイロンの発見』(1982・東京化学同人) ▽内田安三監修『「もの」と「ひと」シリーズ7 プラスチック』(1986・フレーベル館) ▽片岡俊郎ほか著『エンジニアリングプラスチック』(1987・共立出版) ▽福本修編『ポリアミド樹脂ハンドブック』(1988・日刊工業新聞社) ▽Bassam Z. Shakhashiri著、池本勲訳『教師のためのケミカルデモンストレーション1 熱化学・高分子』(1997・丸善) ▽守屋晴雄著『ナフサ体系の商品学』(1997・森山書店) ▽竹内均編『科学の世紀を開いた人々』下(1999・ニュートンプレス) ▽森谷正規著『技術開発の昭和史』(朝日文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナイロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナイロンの関連情報

他サービスで検索

「ナイロン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.