Rakuten infoseek

辞書

ナイアシン【ないあしん】

知恵蔵

ナイアシン
ビタミンB3」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ナイアシン(niacin)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ナイアシン
 ビタミンPPは旧称.ニコチン酸という意味と,ニコチン酸,ニコチン酸アミドがもつビタミン活性を示す物質の総称としても使われる.ビタミンB群の一つ.生体内でニコチンアミドアデニンジヌクレオチドおよびニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸となり,諸種の酸化還元反応を触媒する酵素の補酵素として働く.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛髪用語集

ナイアシン
水に溶ける水溶性ビタミンの一つで、ビタミンB 群の一種。糖質や脂質、タンパク質から細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する働きをする。皮膚や粘膜の健康維持を助ける役割もある。

出典:抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」
copyright(C) 抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」 All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

ナイアシン【niacin】
水溶性ビタミンのひとつ。生体中にもっとも多く存在するビタミン。魚類、肉類、小麦、まいたけ、干ししいたけ、ピーナッツなどに多く含まれる。糖質脂質たんぱく質の代謝の補酵素として働くほか、アルコールの分解、エネルギー産生、血中のコレステロールや中性脂肪の減少作用、アレルギー症状・高血圧などの改善、細胞の増殖や代謝の正常化などの作用があるとされる。◇「ニコチン酸」の別称で、「ビタミンB3」とも呼ぶ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないあしん【ナイアシン】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ナイアシン【niacin】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナイアシン
ニコチン酸」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナイアシン
ないあしん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナイアシン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナイアシンの関連情報

他サービスで検索

「ナイアシン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.