Rakuten infoseek

辞書

ナイアシン(ニコチン酸)【ないあしんにこちんさん】

食の医学館

ないあしんにこちんさん【ナイアシン(ニコチン酸)】
炭水化物、脂質の代謝に不可欠なほか、血液の循環促進、脳神経の活動促進、性ホルモンの合成などをになっています。不足すると口内炎や食欲不振、不安感などの症状が現れます。たらこ、カツオ、ムロアジ、マグロ、レバー、ピーナッツなどに多く含まれています。成人1日あたりの推奨量は男性13~15mgNE、女性10~12mgNE、耐容上限量は男性300~350mgNE、女性250mgNEです。(NE:ナイアシン当量

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

ナイアシン(ニコチン酸)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナイアシン(ニコチン酸)の関連情報

他サービスで検索

「ナイアシン(ニコチン酸)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.