Rakuten infoseek

辞書

ドーベルマン

デジタル大辞泉

ドーベルマン(Doberman)
犬の一品種。ドイツで、ルイス=ドーベルマンによって作出された大形犬。精悍で、毛は短く、黒褐色警察犬軍用犬に用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

ドーベルマン【Dobermann】
ドイツ原産の大型犬。短毛で黒褐色である。警備犬、警察犬として使用されている。作出者のルイス・ドーベルマンが名前の由来である。JKCでは、第2グループ(使役犬)に分類する。◇ドーベルマン・ピンシャーともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ドーベルマン【doberman】
ドーベルマンピンシェル(Doberman pinscher)の略。元来ドイツ語でドーベルマンは飼養にあたった人名、ピンシェルは猟犬の意
イヌの一品種。ドイツ原産。体高65~70センチメートル。毛は短くなめらかで、体は細く筋肉質。警察犬・軍用犬とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドーベルマン
どーべるまん
Dobermann
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、ドイツ原産の作業犬。名は、本犬種の作出者であるドイツのルイス・ドーベルマンに由来する。かつてはドーベルマンピンシャーとよばれた。あらゆる作業に従事できるようにという作業目的で改良されたもので、警察犬、軍用犬、警備犬、護身用番犬などに用いられてきた。短毛で、体形は正方形で四肢が長く、サラブレッドを思わせるようにスマートである。筋肉の発達はよく、動作は軽快で敏捷(びんしょう)、感覚は鋭敏である。性格は鋭く警戒心に富み、勇猛。かむ力も強い。毛色はブラックエンドタン、もしくはチョコレートエンドタンなどである。尾は子イヌのときに2センチメートルの長さに断尾する。耳も断耳するためいっそう鋭い風貌(ふうぼう)を醸し出すが、断耳はしないこともある。体高は雌61~66センチメートル、雄66~71センチメートル。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドーベルマン
〘名〙 (作り出したドイツ人の名 Dobermann Pinschers から) 犬の一品種。一九世紀末にドイツで作られた。体高七〇センチメートルぐらい。短毛で体色は黒褐色または青灰色。尾はふつう短く断尾する。警察犬・軍用犬などに用いられる。ドーベルマン‐ピンシェル。
※禽獣(1933)〈川端康成〉「あの精悍なドオベルマンが、しみったれた風に首をすくめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーベルマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドーベルマンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.