Rakuten infoseek

辞書

ドラジェ

デジタル大辞泉

ドラジェ(〈フランス〉dragée)
アーモンド糖衣をかけたもの。アーモンド以外にピスタチオリキュールマジパンチョコレートなども用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョコレート・ココア辞典

ドラジェ
アーモンドをチョコレートと砂糖でコーティングした、フランスのお菓子です。

出典:日本チョコレート・ココア協会

結婚式・ウェディング用語集

ドラジェ
ドラジェとは、アーモンドの実をピンク、ブルー、白などの色とりどりの砂糖ペーストでコーティングしたフランスの祝い菓子のことをいいます。イタリアではコンフェッティと呼ばれますアーモンドはぶどうの房のようにたくさんの実がなることから、ヨーロッパでは子孫繁栄の象徴とされており、結婚式や誕生日などのお祝い事には欠かせないものとして、祝い事があるときにはみんなに配るというような習慣があります。結婚式では、「子宝に恵まれた幸せな人生を」願ってドラジェが用いられ、また二人の幸せを招待客の皆様におすそわけするという意味でドラジェをチュールなどに包んで配ります。その昔、ヨーロッパではお開きの際に、花嫁が自分のベールを切って包んだという話もあります。ドラジェの歴史はとても古く、イタリアのシシリー島でアーモンドを原料として作られたのが起源とされ、すでに紀元前177年には、ローマ貴族であるファビウス家において、結婚式や婚約式、子供の誕生の際などの内祝いとして、市民にドラジェが配られたという記録が残っています。その後、宮廷内の貴族たちの間で祝い菓子として盛んに使われるようになり、現在では世界的にポピュラーなお菓子となりました。フランス・ヴェルダンの薬剤師がアーモンドに砂糖と蜂蜜をかけた作ったものが、現在のハードコーティングのドラジェの原型とされます。

出典:ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ドラジェ【dragée(フランス)】
洋菓子の一種。ナッツやチョコレートなどに糖衣をかけたもの。代表的なものは、白・ピンク・淡い黄などのパステルカラーに着色した糖衣をアーモンドにかけたもので、一般的に「ドラジェ」というとこれをさすことが多い。◇アーモンドのドラジェは、ヨーロッパでは誕生・洗礼・婚約・結婚などの祝い菓子として用いる。日本でも、結婚披露宴でよく用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どらじぇ【ドラジェ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ドラジェ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドラジェの関連情報

他サービスで検索

「ドラジェ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.