Rakuten infoseek

辞書

ドライブイン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドライブイン
drive-in
都市部からはずれた地域幹線道路に面して立地している休憩所飲食店やみやげ物店などが併設されており,車で比較的長距離を移動している人々の休憩や食事などの場として機能している。昭和 40年代から道路網の整備にと自家用車の普及が進んだことを背景に,全国各地で開業が進んだ。道路に隣接して駐車場が設けられ,車の出入りが容易な構造となっている。大型観光バスを何台も収容することのできる大規模な施設も多い。近年では地域の物産展の開催や観光情報の提供などを積極的に行なっている施設もあり,幹線道路沿いの地域の情報発信基地ともなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ドライブ‐イン(drive-in)
自動車に乗ったまま買物・食事などができる施設。
自動車旅行者を対象として駐車場を広くとった道路沿いの商店食堂

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ドライブイン【drive‐in】
自動車に乗ったまま利用できる各種のサービス施設。飲食施設をはじめ,ショッピングセンター,映画館(ドライブイン・シアター),銀行(ドライブイン・バンク)などがある。モータリゼーションが最も早く,しかも本格的に進行したアメリカにおいて,1920年代に登場した。drive‐inとは〈自動車で乗り込む〉という意味であり,最初に登場した飲食施設では,厳密には自動車に乗ったまま車内で食事のできる施設をいった。客は駐車場のそれぞれの駐車スペースに用意されたマイクロホンを通じて料理を注文し,従業員が調理場から車まで届けるというしくみで,マイクを使わずローラースケートをはいたウェートレスが注文に応じるものもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ドライブイン【drive-in】
自動車で乗り入れることができる劇場・銀行・食堂などの施設。主にアメリカで発達している。
道路沿いにあって大きな駐車場を備え、主に自動車に乗ってくる人たちを対象として営業する軽飲食・休憩用の店。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドライブ‐イン
〘名〙 (drive-in)
① 自動車に乗ったまま乗り入れて、自動車の中で用が足せる各種サービス施設。
② 自動車に乗っている人を対象とする高速道や街道沿いの食堂、みやげもの店。
※白い魔魚(1956)〈舟橋聖一〉青いイヤリング「車は日比谷のドライヴ・インまで走った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドライブイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドライブインの関連情報

他サービスで検索

「ドライブイン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.