Rakuten infoseek

辞書

ドクダミ科【ドクダミか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドクダミ科
ドクダミか
Saururaceae
双子葉植物コショウ目の1科。東アジアと北アメリカの熱帯から暖温帯にかけて分布し,5属7種が知られる。いずれも多年草で,単葉を互生する。穂状花序をつくり,包が花弁のようになる。小花は両性花花被が退化し,3または6,あるいは8本のおしべをもつ。心皮は3~5個で合生あるいは離生し,各心皮には2~10個ほどの胚珠を含む。果実は普通,蒴果になる。ドクダミ Houttuynia,ハンゲショウ Saururusなどの諸属が知られ,薬用に使われるものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドクダミ科
どくだみか
[学]Saururaceae
双子葉植物、離弁花類。多年草。葉は単葉、全縁で互生する。托葉(たくよう)は葉柄と部分的に合着する。花序は穂状。花は小さく、花被(かひ)を欠くが、最下の包葉または枝先の葉は白色で目だつ。雄しべは3、6または8本、離生または子房に合着する。心皮は3または4枚、種子に外胚乳(はいにゅう)がある。ドクダミ属、ハンゲショウ属など4属6種が東アジア、北アメリカに分布する。コショウ科に近縁と考えられている。APG分類でもドクダミ科とされている。[大森雄治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドクダミ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドクダミ科の関連情報

他サービスで検索

「ドクダミ科」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.