Rakuten infoseek

辞書

ドア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドア
Dorr, Thomas Wilson
[生]1805.11.5. ロードアイランドプロビデンス
[没]1854.12.27. ロードアイランド,プロビデンス
アメリカの法律家,政治家。ハーバード大学卒業後,1834年ロードアイランド州議会議員となり,旧国王特許状憲法下で成年男子の約半分が投票権を奪われていた同州の現状改革に尽力。 41年人民党を組織して取組んだが成功せず,新憲法制定会議を招集して新憲法を採択し,選挙を実施して 42年5月州知事に選ばれた (→ドアの反乱 ) 。旧憲法下の政府は民兵を招集してドア派の反徒を敗走させた。 44年ドアは捕えられ終身刑の判決を受けたが,45年撤回されて出獄。 43年には普通男子選挙に近い規定をもつ新憲法が採択され,ドアの目的は果された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ドア(door)
戸。扉。「自動ドア」「回転ドア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

ドア
建物の内部外部、もしくは内部の部屋と部屋を間仕切る壁を、人が通れる様に取付けられる洋式建具の総称。その種類は豊富で、場所や用途寸法によって様々な形状材質に使い分けられる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どあ【ドア】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ドア【door】
(入り口・戸口などの)戸・扉。 自動- 回転-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ドア
生年月日:1805年11月5日
アメリカの法律家,政治家
1854年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドア
〘名〙 (door) 家屋や乗り物などの、おもに蝶番(ちょうつがい)で開閉する方式の扉。
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉後「静に啓(あ)けたる闥(ドア)の響は絶(したたか)に物思へる宮の耳には入らざりき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドアの関連情報

関連キーワード

ベートーベンネルソン序曲ムハンマド・アリーホフマンコーンウォリスネルソンネルソンゲーテとシラーの霊廟トラファルガー広場

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.