Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

トロンビン製剤【トロンビンセイザイ】

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版

トロンビン製剤
製品名
トロンビン(沢井製薬、持田製薬)

 フィブリンの形成と血液凝固因子を活性化させる効果によって止血します。上部消化管出血の止血に用いられます。


 副作用として、発疹ほっしん発赤ほっせきなどの過敏症状、ショック、ウシ由来のトロンビン製剤では凝固異常、異常出血などが現れることがあります。このような症状が現れたときは使用を止め、すぐ医師に報告してください。


 そのほか、腹部膨満感、下痢、吐き気・嘔吐、頭痛、発熱などがおこることがあります。このようなときは、医師に相談してください。


①凍結乾燥製剤で、緩衝剤に溶かして服用します。1日の使用回数、使用時間、1回の使用量については医師・薬剤師の指示を守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。上部消化管出血に用いる場合、薬を用いる前に胃酸を中和させるため牛乳などを飲んでください。


②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。とくに、この薬や牛血液を原料とする製剤で過敏症状をおこしたことのある人、凝固促進剤・抗プラスミン剤・アプロチニン製剤を使用中の人には使えません。


③妊婦、現在妊娠している可能性のある人、小児などは、注意して用いてください。

出典:病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロンビン製剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トロンビン製剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.