Rakuten infoseek

辞書

トロコフォラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トロコフォラ
trochophora
軟体動物 (頭足類を除く) や環形動物の発生上の一段階で,担輪子 (幼生) ,トロコフォアともいう。水中を回転しながら浮遊する。体は卵形,鈴形,こま (独楽) 形などで,上に長い繊毛束が,中央に繊毛列が輪状に1列から数列,下端に短い繊毛束がそれぞれある。口は中央の繊毛列の下にあり,肛門は後端にある。移動は繊毛を動かすことによってなされる。発生がさらに進むと,軟体動物ではベリジャーとなり,環形動物では肛門を取巻く部分から体が後方に伸びて環節を生じロヴェーン幼生になる。軟体動物と環形動物はともにこのトロコフォラ期を経るため,成体の形は著しく異なるが,類縁の近い動物とされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トロコフォラ(trochophora)
軟体動物環形動物の幼生の一型。孵化(ふか)後に生じ、浮遊性。体は球状で、一定位置を環状に取り巻く繊毛帯がある。貝類ではベリジャー期、ゴカイ類ではロベーン期を経て成体となる。担輪子幼生。トロコフォア。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トロコフォラ【trochophora larva】
担輪子ともいう。軟体動物(貝類)と環形動物(ゴカイ類など)の海産種に見られる幼生の一時期の名称。形は卵形またはこま形で,数本の繊毛環があり,これで回転しながら泳ぐ。腹側の中央に口が,後端に肛門がある。軟体動物では背側から貝殻を分泌し頭の両側に泳ぐを生じて,ベリジャー幼生veliger larva(被面子)に進み,その後変態して底生生活に入る。環形動物では肛門近くから環節を生じて細長くなって底生生活に入る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トロコフォラ【trochophora】
頭足類を除く軟体動物や環形動物などの発生途中の幼生の一型。孵化すると現れる形態で、形はほぼ球状。担輪子幼生。トロコフォア。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トロコフォラ
〘名〙 (trochophora) 環形動物・軟体動物などの海産種にみられる、原腸期に続く浮游性の幼生。担輪子。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロコフォラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トロコフォラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.