Rakuten infoseek

辞書

トラフグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トラフグ
Takifugu rubripes
フグ目フグ科の海水魚。全長 80cm。体はやや細長く肥大し,尾柄を除きほとんど側扁しない。頭は大きく四角張り,上下両顎にそれぞれ 2枚の歯板をもつ。体の背面と腹面には小棘が密にあり,ざらざらしている。背部は暗褐色で,胸鰭の後ろに大きな黒色斑がある。腹部は白い。フグ類のなかで最も美味とされるが,有魚として知られ,卵巣肝臓などにテトロドトキシンと呼ばれる,いわゆるフグ毒をもち,毒性はきわめて強い。日本各地,朝鮮半島東岸,東シナ海北部,黄海ポー(渤)海に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

トラフグ
漁獲量は1980年代はほぼ1千トン超で推移したが、近年は伊勢・三河湾系群100~200トン、日本海・東シナ海・瀬戸内海系群200~300トン。料理には、てっちり(ふぐ鍋)、てっさ(ふぐ刺し)などがある。
(2016-02-17 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

栄養・生化学辞典

トラフグ
 [Takifugu rubripes].フグ目フグ科の海産魚.全長70cmほどになる.食用にするが,肝臓,卵巣などに毒がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トラフグ
とらふぐ / 虎河豚
[学]Takifugu rubripes
硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。北海道以南の各地、および黄海、東シナ海に分布する。体の背面と腹面に小棘(しょうきょく)がある。体の背側は暗青色で小黒斑(こくはん)が散在し、腹側は白い。胸びれ後方の体側に白く縁どられた大きな黒紋がある。幼魚では背面に白い虫食い紋様がある。背びれと尾びれは暗青色、胸びれは白く、臀(しり)びれは赤い。全長は70センチメートルに達し、食用になるフグ類のなかでは大形種である。
 東シナ海では底延縄(そこはえなわ)で漁獲される。産卵期は3~5月で、卵は沈性粘着卵である。春生まれたものは、秋には20センチメートル、満1年で25センチメートル、満2年で35センチメートル、満3年で産卵する。最近は養殖も盛んに行われている。毒性は季節や個体により差があるが、12月~翌年6月に毒性が強くなり、有毒個体の割合も高くなる。肝臓、卵巣に強毒があり、肉、皮膚、精巣は無毒。フグ料理の最高級品として扱われるほか、フグ提灯(ぢょうちん)として土産(みやげ)物にもされている。[松浦啓一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラフグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トラフグの関連情報

関連キーワード

有効幅員電波望遠鏡唐古(からこ)・鍵遺跡アカソアカリファアキノタムラソウアゼスゲアナグマアマドコロイシガキダイ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.