Rakuten infoseek

辞書

トウゴマ

世界大百科事典 第2版

とうごま【トウゴマ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トウゴマ
とうごま / 唐胡麻
castor
[学]Ricinus communis L.
トウダイグサ科の植物で、ヒマ(漢名は蓖麻(ひま))ともいう。原産地の熱帯東部アフリカとインドでは低木、または高さ6メートルを超える高木となるが、温帯では一年草で高さ約3メートル。現在では、世界の熱帯と温帯で油脂植物として広く栽培されている。分枝はまばらで大きな葉を互生する。葉は掌状に5~11に中裂し、鋸歯(きょし)がある。毛はなく、長い葉柄は盾形につく。秋には、茎の先端の節から順次下方へ向かって、長さ約20センチメートルの直立した総状花序をつける。各花序の上部には雌花、下部には雄花がつく。雄花は5個の花弁をもち、花糸は多数に分かれて黄色の葯(やく)を数多くつける。雌花は小さな5花被(かひ)をもち、花柱は6裂する。子房には肉質の毛があり、成熟すると(さくか)となる。種子は長さ8~22ミリメートルの光沢のある楕円(だえん)体で、黒褐色の斑点(はんてん)がある。種子および葉の色と大きさには変異が多い。種子は有毒タンパクのリシンと、アルカロイドのリシニンを含むため、2~3個食べると致死量となる。また、種子は脂肪油を40~50%含むが、その成分の大部分はリシノール酸グリセリドである。
 種子あるいは種皮を除いた仁(じん)(果実の核)を冷圧して得たひまし油(蓖麻子油)は下剤として用いるほか、印刷インキ、化粧用ポマードなどに大量に使用される。また、かつては飛行機の潤滑油でもあった。内乳の細胞に充満しているアリューロン粒(糊粉(こふん)粒)は実験材料としてよく用いられる。なお、和名のトウゴマは、種子に脂肪油が多いことからつけられたものである。[長沢元夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トウゴマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トウゴマの関連情報

他サービスで検索

「トウゴマ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.