Rakuten infoseek

辞書

デービー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デービー
Davie, Donald Alfred
[生]1922.7.17. ヨークシャーバーンズリー
[没]1995.9.18. エクセター
イギリスの詩人,批評家。ケンブリッジ大学卒業後,母校をはじめカリフォルニア,スタンフォードの各大学で教鞭をとった。「ニュー・ラインズ」派の詩人として,『冬の才能』A Winter Talent and Other Poems (1957) など数巻の詩集,『詩語の純化』 Purity of Diction in English Verse (52) ,『明晰な表現力』 Articulate Energy (55) などの評論集がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デービー
Davie, William Richardson
[生]1756.6.20. カンバーランド,エグレモント
[没]1820.11.29. サウスカロライナ,ランカスター
アメリカの法律家。子供の頃イギリスから新大陸へ渡り,アメリカ独立革命軍人として参加。ノースカロライナ州議会議員 (1786~98) ,同州知事 (98~99) を歴任アメリカで最も古い州立大学の一つであるノースカロライナ大学創立者として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デービー
Davy, Sir Humphry
[生]1778.12.17. ペンザンス
[没]1829.5.29. ジュネーブ
イギリスの化学者。生地のグラマースクールで学んだのち,化学を独学。ブリストルの医療気体研究所化学監督官 (1798) 。ここで麻酔性ガス,酸化二窒素の研究 (1800) によって認められ,ロンドンの王立研究所教授 (02) ,ロイヤル・ソサエティ会員 (03) ,ダブリン協会名誉会員,ロイヤル・ソサエティ会長 (20~27) 。電気分解法を発展させ,種々のアルカリ金属,アルカリ土類金属の単離に成功,1807年ナポレオン賞を受ける。塩素が単体であることを突止め,その性質や化合物の研究を行なった (10) 。また鉱山ガスの研究とデービー灯の発明により,ロイヤル・ソサエティからランフォード・メダルを授けられた。そのほかにも電気化学を中心とする多くの業績により,ロイヤル・ソサエティのロイヤル・メダルに輝いた。 12年にナイトの称号を授けられ,18年には准男爵に叙せられた。 M.ファラデーは彼の弟子である。また弟ジョン (1790~1868) もホスゲンの発見者として知られる化学者であり,さらに従弟のエドムンド・ウィリアム (1785~1851) も化学者としてアセチレンの発見,白金触媒の研究を行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デービー【Humphry Davy】
1778‐1829
イギリスの化学者。木彫師長男としてコーンウォールに生まれる。1795年から薬剤師兼外科医のもとで年季奉公をしたのち,98年からベドーズ気体研究所に採用され,そこで気体の化学的・生理学的研究に従事し,亜酸化窒素(笑気)の麻酔性を発見した。彼はこの研究により化学者としての名声を得て,当時ロンドンに新設されたローヤル・インスティチューションの講演助手に任命され,1802‐12年同所の化学教授となる。1806年からのボルタ電池を用いての電気化学の実験によりアルカリ金属・アルカリ土類金属の単離に成功し,ナポレオン賞の最初の受賞者となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

デービー【Humphry Davy】
1778~1829 イギリスの化学者。ファラデーの師。亜酸化窒素(笑気)の興奮作用・麻酔作用を発見。また電気分解によって種々の元素を単離し、電気化学の基礎を築いた。塩素が元素であることを確証する過程で水素が酸性を与えることを示し、酸素中心の酸理論から脱皮する糸口を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デービー
(Sir Humphry Davy サー=ハンフリー━) イギリスの化学者。ファラデーの師。電気分解によりアルカリ金属元素や塩素などのハロゲン元素を発見し、電気化学の基礎を確立。炭鉱用安全灯を発明。王立協会会長。(一七七八‐一八二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デービー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デービーの関連情報

関連キーワード

島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.