Rakuten infoseek

辞書

デルフォイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デルフォイ
Delphoi
古代ギリシアのフォキス地方のパルナッソス山麓にあった聖域。大地の中心にあたると信じられ,有名な神託所が置かれていた。神託は,三脚台の上に座り,地中から出るガスを吸って入神状態に入った巫女ピュチアの口から述べられた。もとは大地女神ガイアのもので,ピュトンという名の竜が番をしていたが,のちにこの竜を退治したアポロンの所有に帰したとされ,デロス島とともにこの神の祭祀の中心地として全ギリシア人の崇敬を受け,政治的にも文化的にも重要な役割を演じた。アポロン神殿の内部にはディオニュソスの墓があり,アポロンがヒュペルボレオイ人の国へ行って不在となる冬の3ヵ月間は,ディオニュソスがデルフォイのあるじになるとされた。4年ごとの大祭のおりには,有名なピュチア競技会が全ギリシアからの参加者を迎えて催された。現在はデルフィと呼ばれ,前4世紀に建てられたアポロン神殿しか遺存していないが,神域内には前6世紀にアテネ市民が奉献した神庫が復元されている。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デルフォイ(Delphoi)
ギリシャ中部、パルナソス山麓にあった古代都市。アポロンの神殿があり、その神託は大きな影響力をもったが、ローマ帝国キリスト教国教となると禁止され廃墟となった。1987年、世界遺産(文化遺産)に登録された。デルフィ。デルポイ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デルフォイ【Delphoi】
ギリシア中部のパルナッソス山の南麓にあるアポロンの聖地,神託地。伝説によれば,この地は初め大地の女神ガイアの聖地で,ピュトンPythōnと呼ばれる大蛇に守られていたが,アポロンがこれを射殺して神託所を開いたといわれる。デルフォイの神託は最初はただ地方的な意義しかもたなかったが,ギリシア人の植民が盛んになった前8~前7世紀ころから非常に重要視され,その名声はギリシア人の範囲を越え,リュディアエジプトを含むオリエント諸国にまでひろがった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

デルフォイ【Delphoi】
ギリシャ中部、パルナソス山の南麓にある古代の遺跡。この地のアポロン神殿の神託は全ギリシャ人に信じられた。オリンピアと並ぶ古代ギリシャの聖地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

デルフォイ
でるふぉい
Delphoi
古代ギリシアの神託で有名なポリス(都市国家)。中部ギリシアのフォキス地方、パルナッソス山の南麓(なんろく)にあった。英語名デルファイDelphi。遺跡は1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。紀元前二千年紀に大地母神ガイア(ゲー)の聖所があり、神託も行われていたが、前9世紀に新来者アポロンがゲーの地位を奪った。前8世紀以降しだいに名声を高め、異民族の権力者などもその神託を求めるようになり、遅くとも前6世紀にはギリシアのもっとも重要な神託所になった。アンテラからデルフォイに中心を移したアンフィクティオニア(隣保同盟)が、前6世紀初めに第1回神聖戦争を起こしてフォキスのキラを破壊し、前582年ごろには、アポロンに捧(ささ)げられる従来の祭りをもとに、4年ごとの全ギリシア的なピティア祭を始めた。ペルシア戦争ではギリシアの敗北を予想したが、神託に対する人々の信頼はなお長く維持された。しかし以後、アテネ、スパルタ、テーベなど、そのときどきの指導的ポリスの影響力に屈するようになり、前356~前346年のフォキス人に対する第3回神聖戦争の結果、アンフィクティオニアはマケドニア王フィリッポス2世に支配されるに至った。ヘレニズム時代、ローマ時代にも衰退は進み、キリスト教を国教化したローマ皇帝テオドシウス1世によって、紀元後390年にこの異教の神託所は閉鎖された。
 神託は、結婚、病気、商売など私的な問題と、祭儀、和戦、国制、植民など公的な問題の別なく求められた。神託所はアポロン神殿の奥にあり、依頼者は男性の神官を介して、ピティアとよばれる巫女(みこ)に質問し、鼎(かなえ)の上に座した巫女は、神がかりの状態になってアポロンの神託を語り、神官がそれを韻文の形に整えて依頼者に伝えた。神託所の床の岩に割れ目があり、底から立ち上る蒸気を吸うと巫女は神がかりになったとの伝承は、今日では一般に信用されていない。
 現在のデルフォイ(現代ギリシア語ではデルフィDhelfと発音する)は、古代の遺跡の上にあった村カストリを約0.8キロメートル西に移して、1892年につくられた人口約1200の村である。[清永昭次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デルフォイ
(Delphoi) 古代ギリシアの都市国家。ギリシア中部、コリント湾の北側、パルナッソス山系のファイドリアデス山塊が形成する断崖の中腹にある。三九〇年にキリスト教を国教としたローマ皇帝テオドシウス一世により異教が禁止されるまで、アポロンの神託地、中部ギリシア諸国の構成する隣保同盟の聖地として、オリンピアと並びその中立と独立とが保障されていた。一八九二年以来、遺跡の発掘が行なわれている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デルフォイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デルフォイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.