Rakuten infoseek

辞書

デュフィ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デュフィ
Dufy, Raoul
[生]1877.6.3. ルアーブル
[没]1953.3.23. フォルカルキエ
フランスの画家。明るい色彩と軽快な筆致で港や海水浴場などを描き,はなやかで快い画風で知られる。 1900年パリのエコール・デ・ボザールに入学したがアカデミックな作風に反発,印象主義やゴッホの影響を受け,またマチスの作品に感銘する。その後,フォービスムに転じ,さらにキュビスムに接近するなど,当時の最先端の美術運動に敏感に反応した。 11年頃から装飾美術家として織物,陶器,タペストリーなどのデザインを手がける。しかし,20年以降は再び絵画に専心,装飾美術に示唆を受けて 22年のシチリア島旅行などを機に独自の軽妙なスタイルを確立。版画,挿絵も多く,37年のパリ万国博覧会の電機館に大壁画を描く。 52年ベネチア・ビエンナーレで大賞を獲得した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デュフィ(Raoul Dufy)
[1877~1953]フランスの画家。フォービスムに参加。のち、明るい色彩で軽快なリズム感のある作品を描く。代表作「電気の精」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デュフィ【Raoul Dufy】
1877‐1953
フランスのフォービスムの画家。ル・アーブルに生まれ,同地の美術学校の夜間講座で絵画を学び,1900年市の奨学金を得てパリに赴く。05年サロン・ドートンヌにマティスが出品した《豪奢,静寂,逸楽》に感銘を受け,従来の印象主義的手法を捨て,フォービスムに加わる。08年ころよりセザンヌ,キュビスムから刺激を受け,その影響下に画面の構築を試みる。生活の困難のためアポリネールの著作などに木版挿絵を描き,他方では衣装デザイナー,ポアレのために服地の模様のデザインなどに携わる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

デュフィ【Raoul Dufy】
1877~1953 フランスの画家。印象派から出発し、のちフォービズム・キュービズムの影響を受けて軽妙な線描と明るい色彩の装飾的画風を確立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

デュフィ
でゅふぃ
Raoul Dufy
(1877―1953)
フランスの画家。6月3日、ル・アーブルの音楽を愛好する家庭に生まれる。音楽はのちに彼の絵の重要な主題となる。14歳からコーヒー輸入商の下で働き家計を助けるが、かたわら同市美術学校の夜間コースに学ぶ。1900年、市の奨学金を得てパリに出、エコール・デ・ボザール(国立美術学校)のレオン・ボナのアトリエに入る。初めマネ、モネ、ピサロなど印象派の影響を受け、またロートレックの鋭い線にも関心を示した。05年、アンデパンダン展に展示されたマチスの『豪奢(ごうしゃ)・静寂・逸楽』との出会いは、デュフィに決定的な影響を与えた。彼は色彩のもつ表現力に目覚め、フォーブの一員となる。その後、07年のセザンヌ回顧展や、翌年のレスタックでのブラックとの制作を機に、作品には構成的傾向が現れるようになったが、09年ごろから、優美さとユーモアを備えた明るい装飾的画風に転じていく。本の挿絵を手がけてからは装飾美術にも関心を抱き、11年には服飾デザイナー、ポール・ポワレの助力を得て織物のデザインを始めるなど、この分野にも積極的に手を染めた。20年にはコクトーの台本、ミヨーの音楽によるバレエ『屋根の上の牡牛(おうし)』の舞台装置を担当している。
 このように装飾家としても大きな貢献をする一方、1919年の大作『バンス』とともに彼の絵は成熟した独自のスタイルを確立するに至る。純粋な色彩の広がりの上に生き生きとした線描が重ねられ、機知に富んだ楽しげな雰囲気が醸し出される。選ばれる主題も競馬やヨットレースなど快活なものが多く、動きのある諸要素が静穏な空間と対比される。また、音楽に対する深い愛好は「オーケストラ」シリーズなど、音楽を題材とした数多くの作品を生んだ。37年のパリ万国博覧会に際しては、電気館のために大壁画を制作。晩年には一種の厳しさを獲得し、本来の陽気さが新たな強さと調和を保つようにもなった。死の前年の52年、ベネチア・ビエンナーレで国際大賞を受賞。また、生涯を通じて水彩画・版画にも積極的に取り組み、簡潔さと生気とユーモアを備えた多くの作品を残している。53年3月23日南仏フォルカルキエで没。[大森達次]
『A・ヴェルナー著、小倉忠夫訳『デュフィ』(1972・美術出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デュフィ
(Raoul Dufy ラウル━) フランスの画家。はじめ印象派の作風を示したが、のちにフォービスムに加わる。明るい光を表わす色彩と軽快なリズムがその作品の特徴。南仏の風景画などにすぐれる。(一八七七‐一九五三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュフィ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デュフィの関連情報

関連キーワード

おもなお雇い外国人ドガ主義西郷隆盛菊池大麓杵屋六左衛門西南戦争チャイコフスキーピサロホプキンズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.