Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

デモステネス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デモステネス
Dēmosthenēs
[生]?
[没]前413
古代ギリシア,アテネの将軍。ペロポネソス戦争で活躍。前 426年コリントの植民市レウカおよびボイオチア攻略に失敗。しかしその後,ナウパクトス防衛とアムフィロキアのオルパエとイドメネでの二大勝利により令名をはせた。前 425年には海軍を率いて,メッセニアピュロスを占拠し,クレオンとともにスファクテリアにあったスパルタ軍を破り,重装歩兵 (ホプリタイ ) の一団捕虜にした。翌年メガラ,ボイオチア攻略に失敗。前 413年ニキアス援助のため,シラクサに派遣されたが,エピポラエ夜襲に失敗,退却の機を逸して降伏,処刑された。有能な軍人ではあったが,政治の場に立つことはなく,戦略家として知られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デモステネス
Dēmosthenēs
[生]前384/前383. アテネ,パイアニア
[没]前322. カラウリア(現ポロス)島
古代ギリシア最大の雄弁家。イサイオスの門に学んでから法廷演説家として出発し,やがて政界に入り,特に愛国者として反マケドニア運動の先頭に立ち,力と情熱を傾けた議会演説によって祖国奮起を促した。彼の名で伝わる 61編の演説のうちで特に有名なものは,『フィリッポス弾劾・第1~第3』 Philippikaをはじめとする政治演説で,その文体は初めはイソクラテスの影響で調和と洗練を示したが,次第に情熱的な個性がほとばしり,重厚さと盛上がりによって人を圧するものとなった。アレクサンドロス大王の死後再び反マケドニア運動を行い,失敗して追及を受け,服毒自殺した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デモステネス(Dēmosthenēs)
[前384~前322]古代ギリシャアテネ雄弁家マケドニア侵略を警告し、アテネの自由を守るよう説いた。マケドニアによるギリシャ統一後、親マケドニア派に追われて自殺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

デモステネス
話すことの二倍、人から聞くべきである。\デモステネス
ギリシャの政治家(前三八四~三二二)。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

デモステネス【Dēmosthenēs】
?‐前413
ペロポネソス戦争中に活躍したアテナイの将軍。とくに前425年,ペロポネソス半島南西岸ピュロス攻略の際,スファクテリア島においてスパルタ重装歩兵の一隊を捕虜とする武功をたてた。前413年,劣勢明らかとなったニキアス麾下のシチリア遠征軍の救援に赴き,敗走するアテナイ軍の後衛に任じたが,力尽き投降して処刑された。純然たる軍事指導者として終始し,政治家としての活動は行わなかった。【伊藤 貞夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デモステネス【Dēmosthenēs】
前384‐前322
古代アテナイの政治家,雄弁家。アテナイの富裕な工業家であった父と幼いころに死別し,後見人による不正行為のために遺産を失ったため,若いころから法廷演説の草稿書きや修辞の教師をした。後見人の一人を訴えた演説が最初の民事関係の弁論で,これは当時の社会経済を知る貴重な史料である。前350年代中ごろからは公法および政治問題に関する演説によって法廷と議会で活躍する。フィリッポス2世の率いる新興国マケドニアがギリシア本土の内紛に乗じて勢力伸張してくる情勢に対抗し,前351年からの10年間に《反フィリッポス演説》と同盟市オリュントスを支援する演説各3編を発表して反マケドニアの立場を鮮明にした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

デモステネス
(Dēmosthenēs) 古代ギリシア、アテナイの政治家。法廷弁論家として活躍。マケドニアの介入からギリシアの自由を守るよう説いた。マケドニア軍のアテナイ進駐の際、追われて服毒自殺した。(前三八四‐前三二二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

デモステネス
Demosthenes
前384〜前322
古代ギリシアのアテネの政治家・雄弁家
「フィリッピカ」などの演説でマケドニア王フィリッポス2世を攻撃し,ギリシア全土は結束してこれにあたれと主張,ギリシアのポリスをして反マケドニア同盟を結成させた。しかし,カイロネイアの戦い(前338)に敗れ,フィリッポスの死とともに再興をはかったが成功せず,自殺した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デモステネス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デモステネスの関連情報

関連キーワード

広開土王ヘラクリアヌスニキアス倭の五王差戻し県内のいじめ東南海地震と南海地震神の国鳩摩羅什

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.