Rakuten infoseek

辞書

デモクリトス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デモクリトス
Dēmokritos
[生]前470/前460頃.トラキアアブデラ
[没]前370頃
古代ギリシア最大の自然哲学者。師レウキッポスの説を受けて原子論を大成。「笑う哲学者」のあだ名をもつ。彼はエレア派の「存在」に対して,不断の運動の内にあってしかも無数に存在するアトモン (「原子」「不可分割」の意) と,アトモンが運動する場としての無限の空虚を原理として立て,原子の運動と集積によって生じる物体は形と配列と位置と大きさによって異なるが,温-冷,甘-苦,柔-硬などの質的な相違は感覚的印象に基づく習慣的なものにすぎず,真実存在するものはただ原子群と空虚のみであると説いた。彼の著作の名は多数伝えられるが,断片しか現存していない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デモクリトス(Dēmokritos)
[前460ころ~前370ころ]古代ギリシャの哲学者。師レウキッポス原子論を体系化して発展させ、原子論的唯物論を確立。自然においては、それ以上不可分な無数の原子の結合と分離によって万物は生成・変化・消滅すると説いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デモクリトス【Dēmokritos】
前460ころ‐前370ころ
ギリシアの哲学者。トラキア地方のアブデラ生れ。原子論哲学の完成者。ディオゲネス・ラエルティオスの記録した著作目録によると,彼の著作は原子論の基本理論,宇宙論,天文学地理学生理学,医学,感覚論,知識論,数学,磁気学,植物学,音楽理論,言語学倫理学,農業,絵画,その他の領域をおおっていた。また,彼はその著《ミクロス・ディアコスモス》の中で,この書ができたのは〈トロイアの陥落後730年目〉に当たると報告していた(断片5)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

デモクリトス【Demokritos】
前460頃~前370頃) 古代ギリシャの哲学者。トラキアのアブデラの人。レウキッポスの弟子。師の原子論を継承し発展させた。不変不滅の原子が無数に存在すること、またそれが運動する無限で空虚な空間があり、その両者によって万物は生成・変化・消滅するという唯物論的原理をたてた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

デモクリトス
でもくりとす
Demokritos
(前460ころ―前370ころ)
古代ギリシアの哲学者。トラキア海沿岸の町アブデラに生まれる。レウキッポスの弟子と伝えられる代表的な原子論者。倫理学、自然学、数学、音楽、技術に関する膨大な著作が彼に帰せられているが、残っているのは断片ばかりである。万物のもとのもの(アルケー)は不生・不滅・不変のアトム(アトモスあるいはアトモン。分割できないもの)である。これは数において無限であるが、形態(たとえばAとN)と位置(HとH)によって互いに異なっていて、空虚(空間)のなかを運動しており、その離合集散によって万物が生成したり消滅したりする。したがって、「慣(なら)わしによって色、慣わしによって甘さ、慣わしによって苦さ。だが、実のところはアトムと空虚」である、と説いている。魂は一種の火であって、球形のアトムからなっており、肉体と同様に死滅するとか、感覚は、感覚されるものから放散される感覚されるものに似た像(エイドーラ)が、感覚するものの感覚器官に接触しておこるとも説いていたらしい。また、享楽の節度と生活の均衡によって得られる「心地よさ」(エウテューミエー)を倫理的な理想としたが、「笑うひと」(ゲラシーノス)というあだ名が与えられたのはこのためであろう。彼にはほかに「智」(ソフィアー)というあだ名も贈られていて、後代に与えた影響は著しい。[鈴木幹也]
『山本光雄訳・編『初期ギリシア哲学者断片集』(1958・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デモクリトス
(Dēmokritos) 紀元前五世紀から四世紀にかけての古代ギリシアの哲学者。レウキッポスの弟子。すべてのものは形・大きさ・配列・位置を異にする無数のアトムと、アトムが運動する場所としての空虚とから成るとする唯物論を提唱した。著作は断片しか残っていない。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デモクリトス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デモクリトスの関連情報

関連キーワード

ベリンダ ストーウェルギリシア哲学史(年表)松永鉄也ベリンダ ストーウェルマルコム ページエリーゼ レチッチヨー アーレマシュー ベルチャーオリビア ポーリー上野太郎

他サービスで検索

「デモクリトス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.