Rakuten infoseek

辞書

デヒドロゲナーゼ

デジタル大辞泉

デヒドロゲナーゼ(dehydrogenase)
生体内で、有機物質から水素を離脱させる反応触媒する酵素総称酸化還元酵素の一。脱水素酵素

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

デヒドロゲナーゼ
 脱水素酵素ともいう.有機化合物から水素を除くこと,すなわち酸化する反応を触媒する酵素.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でひどろげなーぜ【デヒドロゲナーゼ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

デヒドロゲナーゼ【dehydrogenase】
酸化還元酵素のうち、生体内で起こる種々の脱水素反応の触媒となる酵素の総称。脱水素酵素。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

デヒドロゲナーゼ
でひどろげなーぜ
dehydrogenase
酸化還元酵素の一種で、脱水素酵素ともいう。細胞にエネルギーを供給する手段である生体内酸化還元反応には、脱水素反応と酸素添加反応があり酸化還元酵素によって触媒されるが、生体内における代謝物質の酸化は一般に脱水素反応であり

と表すことができる。このように、基質から水素を離脱し、受容体に移す脱水素反応のうちで、受容体が酸素以外の色素や酸化還元系などのものを限定して一般にデヒドロゲナーゼとよぶ。これらの酵素の触媒する反応は、呼吸、発酵、生合成などにおいて、代謝物質が酸化される第一の段階としてきわめて重要であり、したがって、これらの酵素はエネルギー代謝で基本的な役割を果たしている。基質に対する特異性は一般に高く、基質特異性もタンパク分子としても異なるデヒドロゲナーゼが数百種類も単離されている。その各名称は、代表的な基質の名を頭につけてよばれており、基質の水素供与体の部位によって次のように大別される。
 基質が(1)CH-OHのもの(アルコールデヒドロゲナーゼなど)、(2)アルデヒドまたはケト基のもの(グリセルアルデヒドリン酸デヒドロゲナーゼなど)、(3)CH-CH基のもの(ジヒドロウラシルデヒドロゲナーゼなど)、(4)CH-NH2基のもの(グルタミン酸デヒドロゲナーゼなど)、(5)CH-NH基のもの、(6)NADHまたはNADPHのもの。
 また、デヒドロゲナーゼは補酵素ないしは補欠分子族(補欠分子団)により、2種に大別できる。すなわち、(1)ニコチンアミドヌクレオチド依存性デヒドロゲナーゼはNAD+またはNADP+を補酵素として必要とするもので、アルコールデヒドロゲナーゼやマレートデヒドロゲナーゼなどがある。(2)FADまたはFMNを補欠分子族として含むフラビンタンパク質で、キサンチンデヒドロゲナーゼやNADHデヒドロゲナーゼなどがある。これらの酵素による触媒反応は、補酵素や補欠分子族の光学的性質を利用して、容易に追跡することができる。[飯島道子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デヒドロゲナーゼ
〘名〙 (Dehydrogenase) 脱水素反応を触媒する酸化還元酵素の総称。生体内の有機化合物の酸化を行なう。脱水素酵素。⇔オキシダーゼ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

デヒドロゲナーゼ
デヒドロゲナーゼ
dehydrogenase

[同義異語]脱水素酵素

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デヒドロゲナーゼ
脱水素酵素」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デヒドロゲナーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デヒドロゲナーゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.