Rakuten infoseek

辞書

デデキント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デデキント
Dedekind, Julius Wilhelm Richard
[生]1831.10.6. ブラウンシュワイク
[没]1916.2.12. ブラウンシュワイク
ドイツの数学者。カロリン高等学校 (1848~50) を経て,ゲッティンゲン大学に入り (50) ,C.ガウスの指導を受けた。ゲッティンゲン大学の私講師 (54) ,チューリヒのスイス連邦工科大学教授 (58) 。 1862年からブラウンシュワイク工科大学の教授となる。同時代の数学者から孤立した立場にあったが,G.カントルとの交際は長く続いて,当時の学者にほとんど理解されなかったカントルの集合論の価値を認め,何度も激励の手紙を書いた。おもな業績は,「切断」の概念を導入して無理数を定義し,これによって実数の完全な定義にいたる道を開いたことと,「イデアル」の概念を導入して代数的数に関する理論の発展に貢献したことである。また双対群についての研究 (97,1900) は,1933年以降に発展したの現代的理論のさきがけともいうべきものである。主に『連続性と無理数』 (1872) ,『代数的数の理論』 (79) ,『数とは何であり,また何であるべきか』 (88) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デデキント【Julius Wilhelm Richard Dedekind】
1831‐1916
ドイツの数学者。ブラウンシュワイクで法律学者の子として生まれた。ゲッティンゲン大学に学び,1852年にオイラー積分に関する論文で学位を得た。58年にチューリヒ工科大学教授,62年にはブラウンシュワイク工科大学教授となり,84歳でこの地で没した。P.G.L.ディリクレの影響の下に整数論の研究を始めたデデキントは,E.E.クンマーの理想数の考えを発展させて,イデアルの理論を構成した。この理論は,整数論,代数学の基礎となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

デデキント【Julius Wilhelm Richard Dedekind】
1831~1916) ドイツの数学者。「切断」の概念を用いて無理数を定義し、実数の概念を明確にして解析学を基礎づけた。また、クンマーの理想数を整理して、代数学のイデアル論を創始。代数体のゼータ関数、代数関数論、自然数論などにも業績を残す。著「数とは何か、何であるべきか」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

デデキント
でできんと

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デデキント
(Julius Wilhelm Richard Dedekind ユリウス=ウィルヘルム=リヒャルト━)⸨デーデキント⸩ ドイツの数学者。代数的数論、実数論の開拓者。関数論などの研究業績もある。主著「連続性と無理数」。(一八三一‐一九一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デデキント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デデキントの関連情報

関連キーワード

ドーミエベルギーゴローブニンバードハラタママイヨワグネルジョードンメイランゴローニン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.