Rakuten infoseek

辞書

デジタル課税【でじたるかぜい】

知恵蔵mini

デジタル課税
GAFA(グーグルアップルフェイスブックアマゾン)などの国際的な大手IT企業に課税する各国の政策。工場や事務所などに拠点を置く企業が現地で課される法人税を納めているのに対し、これらのIT企業は税率の低い国や地域に利益を移すことで納税額を減らしていることが疑われており、新しい課税制度の導入が検討されている。EUは加盟国共通のルールを創設するため、売上高の3%に課税する案などを検討しているが、低税率を武器に企業を誘致してきたデンマークアイルランドなどが反対したことで、当初目標としていた2018年末までの合意は断念した。EUに先立ち、フランスは19年1月から、イギリスは20年4月から独自に課税を導入することを表明した。

(2018-12-19)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル課税」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デジタル課税の関連情報

関連キーワード

GAFAプラットフォーマーニューモノポリーデータエコノミー透明性報告書FAANGFANNGファングジェムゴファアル ガファ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.