Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

デジタル放送【デジタルホウソウ】

デジタル大辞泉

デジタル‐ほうそう〔‐ハウソウ〕【デジタル放送】
映像・音声・データを、デジタル信号で伝送する放送。高画質・高音質放送、多チャンネル化、データ放送などが可能。→デジタルテレビ放送デジタル衛星放送地上デジタルテレビ放送
[補説]ゴーストによる画像の乱れがない、高精細なハイビジョン放送が可能など、アナログ放送よりも画質と音質が格段に優れている。また、地域の天気予報、ドラマの粗筋などを見ることのできるデータ放送や電子番組ガイド(EPG)など、さまざまな付加サービスがデジタル放送によって可能になった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デジタル放送
デジタルほうそう
映像や音声の情報をデジタル化して伝送する放送。0と 1の数値の組み合わせで情報の内容を規定するデジタル放送は,品質の維持が容易,データ容量を圧縮できる,高品質な映像・音声の再現が可能,付加サービスを提供できる,などの利点がある。日本の地上波テレビジョンの場合,2003年12月にデジタル放送が開始され,2006年には携帯電話向けの「ワンセグ」デジタル放送が始まった。デジタル放送の普及うけ,従来型のアナログ放送は 2011年7月に終了した(→地上デジタルテレビ放送)。放送をアナログからデジタルに切り替えると占有帯域が減少するため,周波数帯を有効利用することにもつながる。デジタル化によって余った周波数帯域は「アナログ跡地」「デジタル配当」と呼ばれている。これらをどう活用するかは国によって異なるが,利用が急増している携帯電話用周波数への転用が有望視されている。ケーブルテレビ衛星放送などの多チャンネルテレビ事業者は,デジタル化によってチャンネル数の増加や双方向サービスの充実が可能になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル放送」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デジタル放送の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.