Rakuten infoseek

辞書

ディラック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディラック
Dirac, Paul Adrien Maurice
[生]1902.8.8. ブリストル
[没]1984.10.20. フロリダ,タラハッシー
イギリスの理論物理学者。ブリストル大学で電気工学を学んだが,1925年ケンブリッジ大学セントジョンズ・カレッジに移って R.ファウラーのもとで統計力学を研究した。 26年コペンハーゲンに渡り,N.ボーアのもとで量子論を研究。ケンブリッジ大学教授 (1932) ,フロリダ州立大学教授 (69) 。 26年に E.シュレーディンガー波動力学と W.ハイゼンベルク行列力学を統合する変換理論を発表し,また放射場の量子論をつくった。 28年ディラックの量子論として知られる相対論的量子力学提唱。さらに正電荷をもつ電子,すなわち陽電子の存在を示唆し (→ディラックの電子論 ) ,32年に C.D.アンダーソンによって宇宙線の中に存在が確認された。 E.フェルミとは独立に量子統計力学をつくり (→フェルミ統計 ) ,また電磁場の量子力学を研究して多時間理論を導いた。 33年シュレーディンガーとともにノーベル物理学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ディラック(Paul Adrien Maurice Dirac)
[1902~1984]英国の理論物理学者。量子力学相対性原理とを結合し、ディラックの電子論を発表して反粒子陽電子)を予測した。1933年、E=シュレーディンガーとともにノーベル物理学賞受賞。「量子力学の原理」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ディラック【Paul Adrien Maurice Dirac】
1902‐84
イギリスの理論物理学者。ブリストルの生れ。ブリストル大学で電気工学と数学を学んだのち,ケンブリッジのセント・ジョンズカレッジで数学の研究生となる。1925年に,W.ハイゼンベルクからマトリックス力学についての第1論文の校正刷りを送られ,これを契機に,非可換性こそが本質的な新しい考えであるとして,量子力学の建設に加わっていった。27年セント・ジョンズ・カレッジの特別研究員となり,翌年にはスピンに関する相対論的波動方程式(ディラック方程式)を提出したが,その目的とするところは,アインシュタインの相対論の原理をみたすように波動方程式を組み立てることであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ディラック【Paul Adrien Maurice Dirac】
1902~1984 イギリスの理論物理学者。量子力学の理論体系の確立者。量子力学の相対論化を行なって、ディラック方程式を導き、空孔理論を提唱して、陽電子の存在を予測。また多電子系の理論やモノポールの存在を予測する理論を展開した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ディラック
でぃらっく
Paul Adrien Maurice Dirac
(1902―1984)
イギリスの理論物理学者。ブリストルに生まれ、初め電気工学を専攻。1921年ブリストル大学を卒業。1925年ケンブリッジ大学において鞍点(あんてん)法を考案したR・ファウラーの下で統計力学の仕事に携わった。1926年コペンハーゲンのボーア研究所を訪れ、ハイゼンベルクらボーア門下の新進の理論家と交流し、放射場の量子論の発展に寄与する一方、フェルミとは独立に、電子に対する量子統計をみいだした。
 1928年、今日「ディラック方程式」とよばれる電子を記述する新しい相対論的な波動方程式を導出した。この方程式には自然に電子のスピンが現れたが、同時に電子のエネルギーが負になる解も出現した。この負のエネルギー状態はすべて電子によって占められていると考え、これを現実の真空とみなした。もしこの「真空」から一つの電子が正のエネルギーに励起されると、電子がもと占めていた位置は孔(あな)があいたようになり、ちょうど質量が電子と同じで荷電が正であるようにふるまう(空孔(くうこう)理論)。これを正の電気をもった電子の反粒子(陽電子)とみなしたが、1932年アンダーソンは宇宙線の中からこの陽電子を発見した。1933年、ディラックはシュレーディンガーとともに新しい形式の原子理論の発見によりノーベル物理学賞を受けた。
 1932年よりケンブリッジ大学数学科ルカス教授となり、電磁場といくつかの電子からなる体系を相対論的に扱った「多時間理論」を展開した。この理論は朝永振一郎(ともながしんいちろう)によってより一般的な「超多時間理論」に発展させられた。のちにアメリカに渡り、晩年はフロリダ州立大学で過ごした。『量子力学の原理』(1930)は量子力学の教科書のなかでももっとも優れたものの一つとされている。[山崎正勝]
『ディラック著、朝永振一郎他訳『量子力学』(1968・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ディラック
(Paul Adrien Maurice Dirac ポール=エードリアン=モーリス━) イギリスの物理学者。量子力学と相対性理論とを統合した新たな理論をうちたてた。統計力学も研究。一九三三年シュレーディンガーとともにノーベル物理学賞を受賞。著に「量子力学の原理」など。(一九〇二‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディラック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディラックの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエス[各個指定]芸能部門バルフォアマーラーレハール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.