Rakuten infoseek

辞書

ディモティキ【でぃもてぃき】

世界大百科事典 第2版

でぃもてぃき【ディモティキ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディモティキ
Demotiki
現代ギリシア語口語。標準語として話しことばに使われており,20世紀の時点でギリシアの創作文学に使用されるほぼ唯一の言語となっていた。1976年1月に公用語に指定され,それまで使われていたカサレブサに代わって政府文書や法的文書,法廷や議会,学校,新聞その他の出版物に使用される言語となった。古代ギリシア語の語彙,音韻論,文法が基礎となっているが,それらは大幅に修正,簡素化されている。ディモティキに浸透している多数の外来語や構文は,古典期以降のギリシアを支配したさまざまな外国勢力や,ビザンチン帝国の建設から十字軍とベネチアの侵攻,オスマン帝国の占領にいたるまでの歴史を反映している。特にオスマン帝国による支配は,ギリシアの文学的な継続性と発展を阻害したため,19世紀前半にギリシアが独立を回復すると(→ギリシア独立戦争),多くの民族主義者が古代ギリシア語に類似した純粋文語カサレブサを開発した。1967年のギリシア・クーデター以降,軍事政権下で学校でもカサレブサの使用が厳しく義務づけられた。しかし 1974年に民主主義が復活すると,言語面でも民主化がはかられ,民衆口語であるディモティキが公用語として認可された。今日ではディモティキとカサレブサの二つが統合され,標準現代ギリシア語 Koini Neoellinikiとなっている。(→ギリシア語

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディモティキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディモティキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.