Rakuten infoseek

辞書

ディスポーザー

デジタル大辞泉

ディスポーザー(disposer)
台所で出る生(なま)ごみを粉砕して下水へ流す器具

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

ディスポーザー
台所の流し排水口下部に取り付け、生ゴミなどを自動的に機械で粉砕し、水と共に排出する機能を持つ器具。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ディスポーザー【disposer】
台所で出る生なまごみを細かく砕いて下水道に流す機械。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ディスポーザー【disposer】
台所の流しの排水口に取り付けて、生ごみを処理する器具。高速回転するカッターで生ごみを細かく粉砕し、水と一緒に排水管から下水に流せるようにする。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ディスポーザー
でぃすぽーざー
disposer
流しの排水口の下に取り付けて使用する台所用生ごみ処理機。モーター部と粉砕室とからなる強力なミキサーのようなものである。粉砕室の投入口から入った野菜くずや果物の皮、魚の骨などは、モーターに直結された回転刃によってはじき飛ばされて、外側の固定刃に当たり打ち砕かれ、さらに擦りつぶされて水といっしょに排水管から下水へと流される。粉砕時間は平均して1~2分程度で、モーターの出力は家庭用のもので100~250ワットくらいである。万一使用中にスプーンやフォーク、瀬戸物などが誤って入った場合には、モーターの故障を防ぐため、自動的に電源が切れる装置がついている。なかには投入口の蓋(ふた)をしないと回転を開始しないものや、粉砕したごみをそのまま流さずに脱水してから取り出すタイプのものもある。日本では下水道の普及率が低いことや環境に対する影響などから、できるだけ使用しないほうがよいとの認識が強く、業界でも積極的に生産、販売をしていない。[正木英子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ディスポーザー
〘名〙 (disposer) 歯のついた羽根車を電動機で回転させ、野菜屑などをこなごなに砕いて処理する装置。〔人の子にねぐらあり(1954)〕
抱擁家族(1965)〈小島信夫〉二「新しい家の中では二つの水洗便所の音、ディスポーザーの音〈略〉が一時にひびきわたることがあった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディスポーザー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディスポーザーの関連情報

他サービスで検索

「ディスポーザー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.