Rakuten infoseek

辞書

ディオニュシオス偽書【ディオニュシオスぎしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ディオニュシオス偽書
ディオニュシオスぎしょ
pseudo-Dionysios
ディオニュシオス・ホ・アレオパギテスの名が冠せられている一連の著作『天上階序論』『教会階序論』『神名論』『神秘神学』と 10の書簡,1つの祈祷文をいう。これらの著作はアテネアレオパゴスパウロ説教を聞いて入信したといわれるディオニュシオスの作とされていたので中世を通じて注目され高い評価を得ており,アンチオキアの総大主教セルウェルス1世や教皇マルティヌス1世も権威あるものとして引用し,J.エリウゲナはギリシア語のテキストから翻訳し,注釈を加えた。サン・ビクトルのフゴ,ロバート・グロステスト,アルベルツスマグヌストマス・アクィナスもこれらの著作の信憑性を認めつつ注釈している。しかしキリスト教と新プラトン主義の調和をはかる大胆な試みであるこれらの書はキリスト教の正統な教義と一致しうるか否かは問題であり,著作年代もプロクロスの思想を含むところから少くとも5世紀終り頃のものと推定される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディオニュシオス偽書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ディオニュシオス偽書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.