Rakuten infoseek

辞書

テニアン島【テニアントウ】

デジタル大辞泉

テニアン‐とう〔‐タウ〕【テニアン島】
Tinian》太平洋西部、マリアナ諸島の島。約5キロメートルの水道を隔ててサイパン島の南西に位置する。第一次大戦後、日本の委任統治領。太平洋戦争中は日米の激戦地。戦後は米国信託統治領、現在は米国自治領北マリアナ連邦に所属。観光業・農業・牧畜が盛ん。中心地は南西岸のサンホセ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

テニアンとう【テニアン島】
Tinian 西太平洋、マリアナ諸島にある小島。太平洋戦争における日米の激戦地。アメリカ合衆国の自治領、北マリアナ連邦に属する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

テニアン島
てにあんとう
Tinian
太平洋西部、ミクロネシアのマリアナ諸島にある島。北マリアナ連邦(1978年発足)に所属。幅4.8キロメートルの水道を隔てて北にサイパンSaipan島がある。南北16キロメートル、東西8キロメートル、面積101平方キロメートルの火山島だが、最高峰はラッソLasso山の173メートルにすぎない。人口899(1980)。1919年から第二次世界大戦終了時までは日本委任統治領、戦後はアメリカ信託統治領。日本統治時代にはサトウキビとパイナップルの生産をあげ、いまでも農業が主産業であるが、これに牧畜と観光産業が加わっている。第二次世界大戦の激戦地。[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

テニアン‐とう ‥タウ【テニアン島】
(テニアンはTinian)⸨テニヤンとう⸩ 太平洋北西部、マリアナ諸島の小島。面積一〇一平方キロメートル。第一次世界大戦以後、第二次世界大戦までは日本の委任統治領。昭和一九年(一九四四)、日本軍守備隊がアメリカ軍の攻撃を受けて全滅。現在はアメリカの自治領、北マリアナ諸島連邦に所属。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テニアン島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テニアン島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.