Rakuten infoseek

辞書

テジョン(大田)直轄市【テジョン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

テジョン(大田)〔直轄市〕
テジョン
Taejǒn
韓国,チュンチョンナム (忠清南) 道の南東部にある商工業都市。道庁所在地。 1949年市制,89年直轄市となる。ノリョン (蘆嶺) 山脈,ケリョン (鶏竜) 山などに囲まれた丘陵地にある。寒村であったが,05年キョンブ (京釜) 鉄道が開通し,14年ホナム (湖南) 鉄道との分岐点となって,急速に発達した。 32年コンジュ (公州) から道庁が移転。朝鮮戦争で臨時首都となって人口が急増した。キョンブ高速道路のインターチェンジからも近い。南西部には繊維,機械,電機,ゴム,製紙などの工場が立地し,キョンイン (京仁) ,サムチョク (三陟) とともに中部地方の三大工業地域の一つとなっている。北西 11kmにあるユソン (儒城) 温泉は,ケリョン山の観光基地。面積 87km2。人口 86万 6695 (1985) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テジョン(大田)直轄市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

テジョン(大田)直轄市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.