Rakuten infoseek

辞書

ティフアナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ティフアナ
Tijuana
メキシコ北西部,バハカリフォルニア州北西端部の都市。アメリカ合衆国との国境の町で,合衆国カリフォルニア州サンディエゴの南約 20km,太平洋岸近くに位置する。 19世紀後半農場を中心に集落が形成され,やがてカジノなどの娯楽施設を備えた国境の町として発展。 20世紀にはカリフォルニア州からメキシコへやってくるアメリカ人観光客の主要通関地となり,各種娯楽施設も完備され,観光業が発達。また周辺には灌漑によりコムギオオムギ,ブドウなどを栽培する豊かな農業地帯が形成され,その商業中心地として,特に 1950年以降人口が急増。メキシコ各地のほか,合衆国南部と鉄道,道路で連絡。人口 74万 2686 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ティフアナ(Tijuana)
メキシコの北西端、バハ‐カリフォルニア州北部の都市。米国との国境沿いに位置し、ロサンゼルスサンディエゴからの観光客も多く訪れる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ティフアナ【Tijuana】
メキシコ北西部,バハ・カリフォルニア・ノルテ州の都市。アメリカ合衆国との国境に位置する。人口69万8752(1990)。市の建設は1874年の税関設置に始まるが,1960年代以降,コロラド川流域の灌漑農業の発展に伴い,メヒカリとともに同国の食品加工業の中枢として急成長した。1950年に約6万だった人口は70年には34万に達した。食品・皮革工業に加えて,近年は輸出加工地区として機械工業も進出。貿易フリーゾーンの設定は観光業の発展を促し,ドッグレース,ハイアライ競技,闘牛などが開催され,アメリカ合衆国からの週末観光客が数多く訪れる国際的観光都市としても知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ティフアナ
てぃふあな
Tijuana
メキシコ北西端、バハ・カリフォルニア州の観光都市。カリフォルニア半島の基部、アメリカとの国境沿いに位置する。人口114万8681(2000)。国道1号が半島を南下し、2号が州都メヒカリに通じて交通の便がよい。アメリカのカリフォルニア州サン・ディエゴまでは約20キロメートルと近い。そのためカリフォルニア州からのアメリカ人観光客の入口となっており、歓楽街が発達した。闘牛、ハイアライ、競馬、ドッグレースが盛んで、土産(みやげ)品はメキシコ特産の皮革製品、ソンブレロ、民芸品などである。1950年代までは人口6万に満たない、周辺の灌漑(かんがい)農業地域の中心地であったが、食品加工業と観光業の発展で人口が急増した。[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティフアナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ティフアナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.