Rakuten infoseek

辞書

ティセリウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ティセリウス
Tiselius, Arne (Wilhelm Kaurin)
[生]1902.8.10. ストックホルム
[没]1971.10.29. ウプサラ
スウェーデンの生化学者。ウプサラ大学卒業後,同大学 T.スベドベリ助手として研究を続け,1930年学位取得。プリンストン大学高級研究所で研究 (1934~35) ,その後ウプサラ大学教授 (38~68) 。スウェーデン科学研究会議議長 (46~50) 。ノーベル財団副会長 (47) ,同会長 (60) 。蛋白質溶液の電気泳動の研究およびティセリウスの電気泳動装置発明 (37) ,血清蛋白の分離アミノ酸および蛋白分解物溶液の吸着分析など,生化学の発展に貢献。 48年ノーベル化学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ティセリウス(Arne Wilhelm Kaurin Tiselius)
[1902~1971]スウェーデンの化学者。シュリーレン法による電気泳動測定装置を考案し、血清たんぱく質の成分を明らかにした。また、ガンマグロブリン抗体であることを発見した。1948年ノーベル化学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ティセリウス【Arne Wilhelm Kaurin Tiselius】
1902‐71
スウェーデンの物理化学・生化学者。ウプサラ大学卒業後,同大学のT.スベドベリのもとで,コロイド,とくにタンパク質溶液の電気泳動(溶液中の巨大帯電粒子が電界やpHの影響で移動する現象)の研究を続けた。1938年同大学に彼のために設けられた生化学教授の地位につき,48年同大生化学研究所長,1946‐50年スウェーデン科学研究会議長,60年ノーベル財団会長。在任中にノーベル・シンポジウム創設尽力。生化学に物理化学的方法を導入することに関心が強く,1937年巧妙な移動界面法を用いる新電気泳動装置を製作した(ティセリウスの装置)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ティセリウス【Arne Wilhelm Kaurin Tiselius】
1902~1971 スウェーデンの化学者。電気泳動によるタンパク質の分離装置を考案し、血清タンパク質の成分を明らかにした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ティセリウス
てぃせりうす
Arne Wilhelm Kaurin Tiselius
(1902―1971)
スウェーデンの生物物理化学者。8月10日、ストックホルムの学者の家系に生まれる。イョーテボリの中学時代にティセリウスの心はすでに科学に傾き、当時一流の物理化学者スベドベリーのもとで学ぼうと1921年ウプサラ大学に入学した。そして1925年、念願のスベドベリーの研究室に入り、当時超遠心機によるタンパクの沈降速度の研究に全精力を傾けていた師の指導と理解のもとでタンパクの電気泳動の研究に専心、これにより1930年学位を得た。1934年から1935年にかけアメリカに滞在、スタンリーノースロップ、ランドシュタイナーら偉大な生物化学者の影響を受けてウプサラに帰りタンパクを分離する精密な電気泳動装置の製作に専心、ついに1937年、有名な「ティセリウスの装置」を完成し、血清タンパクを4種に分離することに成功した。1940年代からは、ゼオライト(粘土の一種)、紙、ゲルなどのなかでの各種タンパク、高分子の吸着力の差を利用してこれらを分離する方法、いわゆるクロマトグラフィーの改良に従事、生体物質の分離法に画期的な進歩をもたらした。これらの業績に対して1948年ノーベル化学賞が授与された。健康に恵まれた彼も晩年心臓を弱らせた。医師の忠告にもかかわらずある集会に出席、発作に襲われて倒れ、翌朝死去した。1971年10月29日のことであった。[中川鶴太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ティセリウス
(Arne Wilhelm Kaurin Tiselius アーナ=ウィルヘルム=コーリン━) スウェーデンの物理化学者。電気泳動測定装置を考案、血清蛋白質の研究で知られる。一九四八年ノーベル化学賞受賞。(一九〇二‐七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ティセリウス
ティセリウス
Tiselius, Arne Wilhelm Kaurin

スウェーデンの生化学者.ウプサラ大学のT. Svedberg(スベドベリ)のもとでコロイド化学を学び,1925年Svedbergの助手となる.タンパク質溶液の電気泳動に関する研究で,1930年学位を取得し,同年ウプサラ大学化学助教授となる.1934年ロックフェラー財団奨学金を受けてプリンストン大学のH.S. Taylorのもとへ留学し,多くの生化学者,物理化学者と交流して帰国.1938年ウプサラ大学に新設された生化学教室の教授となる.移動界面法による電気泳動装置を考案(1937年)し,血清タンパク質がアルブミンα-β-およびγ-グロブリンに分離されることを発見した.この装置は混合物の分析や分離精製に広く利用された.また,γ-グロブリンと抗体産生の関係や,アミノ酸・タンパク質の吸着分析などの研究もある.1948年ノーベル化学賞を受賞.国際純正および応用化学連合会長や,ノーベル財団理事長も務めた.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティセリウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ティセリウスの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエス[各個指定]芸能部門バルフォアマーラーレハール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.