Rakuten infoseek

辞書

ティカル遺跡【ティカルいせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ティカル遺跡
ティカルいせき
Tikal
グアテマラ,ペテン高原にあるマヤ文明最大の都市遺跡。形成期後期 (前 300~後 300) には祭儀の中心地となり,ピラミッド寺院が建てられた。古典期 (300~900) には全盛期を迎え,大広場,宮殿などがつくられ,石碑彫刻土器に描かれた絵にみられるようなマヤ芸術が開花した。またマヤ象形文字マヤ暦による日付彫刻なども多くの建築物にみられる。都市の中心は約 2.6km2に及び,その周囲に住居跡が散在している。8世紀の推定人口は5万人。古典期前期 (300~600) にはメキシコ文明の他の古代都市との一大交易網の重要拠点となり,後期 (600~900) には南部低地の大部分にその支配力を広げたと思われるが,10世紀には遺棄された。 1979年遺跡を中心とするティカル国立公園が,世界遺産の文化・自然の複合遺産に登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ティカルいせき【ティカル遺跡】
グアテマラのペテン地方にあるマヤ文化の大遺跡。ピラミッド状神殿や建物群、石碑などが建ち並ぶ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティカル遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ティカル遺跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.