Rakuten infoseek

辞書

ツークシュピッツェ山【ツークシュピッツェサン】

デジタル大辞泉

ツークシュピッツェ‐さん【ツークシュピッツェ山】
Zugspitze》ドイツとオーストリアの国境にある山。アルプス東部、バイエルンアルプスの一峰であり、ドイツ最高峰。標高2962メートル。リヒャルト=シュトラウスの「アルプス交響曲」は、この山の登山体験をもとに作曲された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ツークシュピッツェ山
つーくしゅぴっつぇさん
Zugspitze
ドイツとオーストリアの国境、アルプス東部、バイエルン・アルプス(ウェッターシュタイン山脈)にある峰。標高2963メートル。ドイツの最高峰。1820年、ドイツの測量将校であったカール・ナウスらによって初登頂された。山麓(さんろく)の標高720メートルにある保養都市ガルミッシュ・パルテンキルヘンが登山口で、アプト式登山鉄道とロープウェーによって頂上に達することができる。オーストリア側からもロープウェーがある。山頂に展望台や気象観測所があり、夏は観光・登山客、冬はスキー客でにぎわう。[徳久球雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツークシュピッツェ山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツークシュピッツェ山の関連情報

他サービスで検索

「ツークシュピッツェ山」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.