Rakuten infoseek

辞書

ツゲ

世界大百科事典 第2版

ツゲ【Buxus microphylla Sieb.et Zucc.var.japonica (Muell.Arg.) Rehd.et Wils.】
関東~沖縄の石灰岩や蛇紋岩地に遺存的に生育するツゲ科の常緑低木(イラスト)。種としては朝鮮,中国,台湾にも分布し,中国名は黄楊(こうよう)。高さ1~3m,幹の径は10cmになる。葉は対生し,倒卵形でやや厚く,光沢がある。ほとんど無柄で長さ2cm内外。3~4月ころ,淡黄色の小さな花が,葉腋(ようえき)に束状となって群生し,中央に1個の雌花,周辺に数個の雄花がつく。花弁はなく,雄花には萼片とおしべが各4個,雌花には6個の萼片と1個のめしべがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ツゲ
つげ / 黄楊
[学]Buxus microphylla Sieb. et Zucc. var. joponica (Muell. Arg.) Rehd. et Wils.
ツゲ科の常緑小高木。三重県朝熊(あさま)山に生えるのでアサマツゲの名もある。普通は高さ2~3メートルであるが、大きいものは9メートルにもなる。葉は全枝に密生し、黄緑色を帯び、楕円(だえん)形から長楕円形、全縁で長さ2~3センチメートル、幅1~1.5センチメートル。革質で、表面は光沢があり、縁(へり)がわずかに裏面にまくれ、先は鈍くとがるか、わずかにへこむ。雌雄同株。3~4月、葉腋(ようえき)に短い総状花序をつけ、多数の雄花が基部に、中央に1個の雌花がある。雄花は萼片(がくへん)4枚、雄しべは4本、雌花は萼片6枚、子房は3室。果実は(さくか)で、三つに裂開し、各室に2個の光沢のある種子を含む。材は硬く、緻密(ちみつ)で、櫛(くし)や版木、印判などに用いられる。関東地方以西の本州から九州の山地の岩場に生える。
 変種のチョウセンヒメツゲは葉は小さく、若枝に毛があり、中国、朝鮮半島に分布する。また、変種タイワンアサマツゲはチョウセンヒメツゲ同様若枝に毛があるが、葉が大きい。沖縄から中国に分布する。基本種であるヒメツゲはクサツゲともいい、庭園樹や花垣に用いられる。[古澤潔夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツゲ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツゲの関連情報

他サービスで検索

「ツゲ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.