Rakuten infoseek

辞書

ツァイ・ミンリャン【蔡 明亮】

現代外国人名録2016

ツァイ・ミンリャン
蔡 明亮
Tsai Ming-liang
職業・肩書
映画監督,脚本家,テレビディレクター

国籍
台湾

生年月日
1957年

出生地
マレーシア・クチン

学歴
台湾文化大学(演劇・映画)〔1981年〕卒

受賞
電視金鐘奨監督賞〔1989年・1991年〕「給我一個家」「麗香的感情線」,中時晩報電影奨グランプリ〔1992年〕「青春神話」,東京国際映画祭ヤングシネマ部門ブロンズ賞(第6回)〔1993年〕「青春神話」,ベネチア国際映画祭金獅子賞(第51回)〔1994年〕「愛情万歳」,金馬奨監督賞(第31回)〔1994年〕「愛情万歳」,台北電影奨最優秀作品賞(第7回)〔1994年〕「愛情万歳」,ナント三大陸映画祭ナント市賞(最優秀監督賞)(第16回)〔1995年〕「愛情万歳」,ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞,第47回)〔1997年〕「」,カンヌ国際映画祭国際映画批評家連盟賞(第51回)〔1998年〕「The Hole」,台北電影奨審査員特別賞(台湾商業映画部門,第1回)〔1998年〕「The Hole」,カタルーニャ国際映画祭銀のメリエス賞(1998年度)「The Hole」,金馬奨審査員特別賞・個人賞(第38回)〔2001年〕,ベネチア国際映画祭国際映画批評家連盟賞(第60回)〔2003年〕「Bu san」,ベルリン国際映画祭銀熊賞(第55回)〔2005年〕「西瓜」,台北電影奨グランプリ〔2007年〕「黒い眼のオペラ」,金馬奨監督賞(第50回)〔2013年〕「郊遊〈ピクニック〉」

経歴
1977年20歳のとき台湾に渡り、大学で演劇を学ぶ。卒業後舞台劇、テレビドラマ、劇場映画の脚本家、監督として活躍し、高い評価を得た。’92年中央電影公司の出資と政府の補助金を得て、「青春神話」で劇映画監督デビュー。第6回東京国際映画祭ヤングシネマ部門ブロンズ賞、中時晩報電影奨グランプリを獲得したほか、金馬奨でも監督賞を含む各部門賞にノミネートされた。’94年第2作「愛情万歳」がベネチア国際映画祭で金獅子賞(グランプリ)を受賞、’97年「河」(’96年)がベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞するなど、海外で高い評価を受ける。テレビ作品に「給我一個家」(’89年)、「海角天涯」(’91年)、「麗香的感情線」(’91年)、映画脚本に「小逃犯」(’84年)、「策馬入林」(’84年)、他の映画監督作品に「The Hole」(’98年)、「ふたつの時、ふたりの時間」(2001年)、「楽日」(2003年)、「西瓜」(2005年)、「黒い眼のオペラ」(2006年)、「ヴィサージュ」(2009年)、「郊遊〈ピクニック〉」(2013年)など。1995年、2006年来日。2013年ベネチア国際映画祭で監督引退を宣言した。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツァイ・ミンリャン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ツァイ・ミンリャンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.