Rakuten infoseek

辞書

チョーク

朝日新聞掲載「キーワード」

チョーク
日本白墨工業組合(名古屋市)によると、2008年の年間生産量は計1億4千万本で、縮小傾向にある。加盟7社のうち、羽衣を含む3社は愛知、岐阜両県にある。焼き物大量生産するのに用いる石膏(せっこう)製の型は、使えなくなるとチョークの原料にした歴史もあり、陶磁器産地が多かった両県だけでかつて20社を数えた時期もあったという。主な原料は石膏と炭酸カルシウム石灰石)の2種類。
(2015-03-31 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

チョーク(chalk)
白墨(はくぼく)のこと。
堆積(たいせき)岩の一。白色または灰白色の軟らかい石灰岩で、生物起源の炭酸カルシウムからなる。白亜紀地層として知られ、ドーバー海峡に露出するものは有名。白亜
フリークライミングで、手指のすべり止めに用いる炭酸マグネシウムを主とした粉末
ビリヤードで、キューのすべり止めに用いる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョーク(choke)
内燃機関で、燃料混合比を高めるため、吸入空気を絞る装置。空気吸入調節弁。
格闘技で、を絞め上げる総称プロレスでは反則となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

チョーク
細粒でやや砕けやすく純粋で,有孔虫および藻類の白亜紀の石灰岩.英国および北西ヨーロッパに発達する[Lyell : 1835].一般に白色または灰白色,細粒,軟質の泥灰質石灰岩.ヨーロッパの特にイギリス,フランスにまたがるドーヴァー海峡両岸,ドイツ,米国に広く分布する.主として浅海性の堆積層であり,白亜紀のものを指すことが多い.生物体の化石,主として有孔虫の石灰質核の蓄積した浅海で形成され,棘皮動物,頭足類などの化石も豊富に含まれる[隅田 : 2002].ラテン語のcalxは石灰の意味.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チョーク【chalk】
西ヨーロッパやメキシコ湾岸の上部白亜紀層に特徴的にみられる微細な石灰粒からなる白色未固結の堆積岩で,ドーバー海峡に面する海崖に典型的に発達する。チョークは以前には無機的な炭酸石灰沈殿物と考えられていたが,電子顕微鏡の発達により,これが主として浮遊性藻類であるコッコリトフォリーダ遺骸(コッコリス)から形成されていることが明らかとなった。しばしばフリント団塊を含み,場所によってはアンモナイト,ベレムナイト,二枚貝,ウニなどの化石を含む。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チョーク【chalk】
白亜。白墨の原料にした。
ビリヤードで、すべり止めの粉。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョーク【chock】
チョックとも
航空機や自動車などの車輪止め。
ドアを開けたままにするとき、下部に嚙ませる木片。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョーク【choke】
(格闘技などで)窒息させること。
自動車の気化器の空気絞り弁。気化器でガソリンの混合比を高めるのに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チョーク
〘名〙 (chalk)
① 白っぽい軟質の石灰質岩石。白亜紀の地層として知られる。白亜。〔通俗写真薬品解説(1920)〕
② 石灰の粉末などを固型化した棒状の筆記具。黒板などに字や絵を描いたり印をつけたりするのに使う。白墨。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「白灰(チョウク)を以て図を画がきて学習せり」
③ ビリヤードで、すべりどめの粉。石灰を主材料として固めたもので、突き棒(キュー)の先端の皮のタップにこすりつけて使う。
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉中「チョオクの多少は業の巧拙には関せんよ」
④ =チャコ
※裁縫の要訣(1916)〈吉田房子〉「チョク、紐尺、海綿などあれども、大抵西洋服裁縫に用ゐること多し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョーク
〘名〙 (choke)
① 息がつまること。窒息。プロレスで首をしめる反則わざにもいう。
② 内燃機関で、気化器におけるガソリンの混合比を高めるため、吸入空気を絞る装置。空気吸入調節弁。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チョーク
ビーン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョーク
白亜」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョーク
チャコ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チョークの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.