Rakuten infoseek

辞書

チューリング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チューリング
テューリング」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チューリング(Alan Mathison Turing)
[1912~1954]英国の数学者。現代計算機科学の父。1936年、論文「計算しうる数」でチューリングマシンの概念を提唱した。第二次大戦中に、ドイツの暗号解読功績をあげたことでも知られている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チューリング【Alan Mathison Turing】
1912‐54
イギリスの数学者で,計算の理論の基礎づけの研究,実用の計算機の開発に従事した。ケンブリッジ大学卒業後,プリンストン大学へ移り,そこで《計算可能な数とその決定問題への応用》を発表し,計算可能な数はチューリング機械で計算できる数と同じであることを示すとともに,ヒルベルトの決定問題は解けないことを証明した。第2次大戦中は,イギリスでドイツ軍の暗号解読の仕事に携わった。戦後,国立物理学研究所(NPL)やマンチェスター大学において,計算機の設計や数値計算法を考案した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チューリング【Alan Mathison Turing】
1912~1954) イギリスの数学者・論理学者。数学基礎論で懸案となっていた「計算可能性」の概念に定義を与えるために、チューリングマシーンを提案、現代のコンピューターに数学的モデルを与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チューリング
ちゅーりんぐ
Alan Mathison Turing
(1912―1954)
イギリスの数学者。ロンドンに生まれ、ケンブリッジ大学キングズ・カレッジに学ぶ。1936年、計算可能関数の数学的定式化として思考上の計算機械を創案した。これは次のようなもので、彼の名をとって「チューリング機械」とよばれている。(1)限りなく大きな紙をもっている、(2)有限個の記号を用いる、(3)おのおのの瞬間に有限個のものを読み取る、(4)記憶の状態が有限個あり、各瞬間にどれか一つの状態にある、(5)現在みているものが何であり、状態が何であるかによって、次に何を消し、何を書き加え、どこに目を移すか、さらに次の状態が何であるかが決まる。
 関数が計算可能とは、その関数を計算するチューリング機械をつくることができることであり、この機械によって計算可能な関数は帰納的な関数と同じである。[西村敏男]
1966年、計算機科学・情報技術分野において優れた功績を残した人に贈られるチューリング賞が創設された。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チューリング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チューリングの関連情報

他サービスで検索

「チューリング」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.