Rakuten infoseek

辞書

チャールズ1世【チャールズいっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャールズ1世
チャールズいっせい
Charles I
[生]1600.11.19. ダンファームリン宮
[没]1649.1.30. ロンドン
イギリス,スチュアート朝のイングランド王(在位 1625~49)。ジェームズ1世の二男。兄の死により 1616年皇太子。初代バッキンガム公の斡旋によるスペイン王女との縁組みに失敗し,1624年フランス王アンリ4世の娘ヘンリエッタ・マリアと婚約。1625年3月即位し,直後に結婚。課税とバッキンガム公の失政を追及する第1議会,第2議会(1625~26)を解散したため,国民の反感は高まり,第3議会は 1628年「権利請願」を可決。国王はいったんこれを承認しながらも翌 1629年議会を解散し,以後 11年間無議会時代と呼ばれる専制を開始した。ウィリアム・ロードストラッフォード伯を政治顧問にして国教会体制の強化,船舶税その他の課税強行などの「徹底政策」を実施したが,主教戦争を引き起こし,戦費調達のため,1640年4月短期議会を招集した。続いてスコットランドへの賠償金に窮して,同 1640年11月長期議会を招集。議会は国王側近の処罰,大権裁判所の廃止,同意なき課税の撤廃などの改革に着手し,王の失政を非難した大抗議文を発表したため,王は五議員事件を強行して対立は極点に達し,1642年秋清教徒革命が勃発した。緒戦は王に有利に展開したが,1645年ネーズビーの戦いで敗れて以来劣勢に陥り,1646年スコットランド軍に投降し,さらに議会軍に身柄を引き渡された。スコットランド軍と密約を結んで第2次内乱を起こしたが,1648年再び敗れ,翌 1649年1月裁判にかけられ,暴君,反逆者,公敵として処刑された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

チャールズ1世
生年月日:1600年11月19日
イギリス,スチュアート朝の国王(在位1625〜49)
1649年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャールズ1世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャールズ1世の関連情報

関連キーワード

マイケル ジョンソン佐渡国0 SIM陸上リレール・ナン[兄弟]八幡惣町石田正澄大谷吉継小野寺義道小西行長

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.