Rakuten infoseek

辞書

チャールズ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャールズ
Charles, Robert Henry
[生]1855.8.6.
[没]1931.1.30.
イギリスの聖書学者。ロンドンで牧会ののち,ダブリンで 1898年から聖書ギリシア語教授,オックスフォード大学神学教授 (1906) となり,また 1913年からはウェストミンスターの参事,19年からはウェストミンスターの大執事をつとめた。ユダヤ教偽書や黙示文学の研究に貢献した。"The Apocrypha and Pseudepigrapha of the Old Testament" (1913) の編集者。主著"Religious Development between the Old and the New Testaments" (14) ,"Revelation,ICC" (2巻,20) ,"The Book of Daniel" (29)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャールズ
Charles, Ray
[生]1930.9.23. ジョージア,オールバニ
[没]2004.6.10. カリフォルニア,ビバリーヒルズ
アメリカ合衆国のミュージシャン。本名 Ray Charles Robinson。しゃがれ声の独創的で情感あふれる歌い方を得意とする,20世紀のポピュラー音楽界を代表する巨匠。ソウル・ミュージックの発展に貢献した。貧しい母子家庭に育つが幼い頃にピアノを始めた。7歳までに完全失明したが,10代でブルース・バンドのピアニストとしてツアーに参加,1950年にはブルースを歌い始める。1950年代後半には徐々に独自のスタイルを確立し,サクソフォーン奏者のデビッド・ニューマンやハンク・クローフォードらとバンドを組んで『トーキング・アバウト・ユー』『ロンリー・アベニュー』などゴスペル・ソングを土台にしたリズム・アンド・ブルースをヒットさせた。『ホワッド・アイ・セイ』(1959)は初のミリオンセラー,『旅立てジャック』(1961)も大ヒット。『わが心のジョージア』(1960)や『愛さずにいられない』(1962)ではストリング・オーケストラをバックにし,一方ビッグ・バンド・ジャズでピアノとアルト・サクソフォーンの両方を担当した。10人以上子供をもうけ,20年近く麻薬におぼれるなど私生活は波乱に富んでいた。グラミー賞を 13回受賞。1978年に自伝『ブラザー・レイ』Brother Ray, Ray Charles' Own Storyを出版。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャールズ
Charles, Prince of Wales
[生]1948.11.14. ロンドン
イギリスの王位継承者。フルネーム Charles Philip Arthur George, prince of Wales and earl of Chester, duke of Cornwall, duke of Rothesay, earl of Carrick and Baron Renfrew, Lord of the Isles, and Prince and Great Steward of Scotland。イギリス女王エリザベス2世エディンバラ公の長男。1967年ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学,またウェールズ語の習得のためウェールズ大学にも通った。1971年イギリスの王位継承者として初めて学士号を取得。1971~76年イギリス海軍に所属。現代建築に関心が高く,1989年に著書『英国の未来像:建築に関する考察』A Vision of Britain: a personal view of architectureを発表,1992年には BREトラスト(イギリス建築研究財団)の前身となるプリンス・オブ・ウェールズ・インスティテュート・オブ・アーキテクチャを設立した。1981年7月29日,スペンサー伯の三女ダイアナと結婚。ロイヤルウェディングは世界中のメディアが注目する一大イベントとなり,何億人もの人々がテレビ中継を見守った。1982年長男ウィリアムが,1984年二男ヘンリーが誕生。結婚生活はタブロイド紙の執拗な詮索や不倫の噂のなか悪化の一途をたどり,1992年夫妻は別居,1996年正式に離婚した。2005年,長年交際してきたカミラ・パーカー・ボウルズと再婚した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チャールズ(Charles)
英国王。
[1600~1649](1世)在位1625~1649。ジェームズ1世の子。1628年権利請願を承認。のち、議会と対立してピューリタン革命を引き起こし、捕らえられて処刑された。
[1630~1685](2世)在位1660~1685。の次男。ピューリタン革命中はフランスに亡命、1660年王政復古とともに即位したが、国民との約束を破り議会と対立。ロイヤルソサエティーの創立者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャールズ(Ray Charles Robbinson)
[1930~2004]米国の歌手・ピアニスト。ブルースゴスペルジャズの要素を取り入れた音楽で人気を獲得。ソウルミュージック先駆者として活躍した。代表曲は「わが心のジョージア」など。レイ=チャールズ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チャールズ【Ray Charles】
1930‐
アメリカの黒人歌手,ピアニスト,作曲家。1932年生れともいわれる。7歳のとき病気で視力を失い,盲学校でピアノを学んで卒業後すぐにプロ・ミュージシャンとなる。さまざまな試みの後,1954年,リズム・アンド・ブルースにゴスペルやジャズの要素を取り入れた独自の音楽を作り上げ,それがソウル・ミュージックを生む基盤となった。《ホワッド・アイ・セイWhat’d I Say?》《わが心のジョージアGeorgia On My Mind》《愛さずにはいられないI Can’t Stop Loving You》など日本でも親しまれているヒット曲が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チャールズ【Charles】
(一世)(1600~1649) イギリス、スチュアート朝の王(在位1625~1649)。ジェームズ一世の次男。課税強化を図って議会と対立、権利請願を承認したが、議会を開かず専制政治を強行。ピューリタン革命を引き起こし、処刑された。
(二世)(1630~1685) イギリス、スチュアート朝の王(在位1660~1685)。の次男。ピューリタン革命によりフランスへ亡命、1660年王政復古により帰国。ルイ一四世と密約を結び旧教復活を企て、議会との対立を深め名誉革命の遠因をつくった。
カール」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チャールズ
ちゃーるず
Ray Charles
(1930―2004)
アメリカの歌手、ピアノ奏者、アルトサックス奏者、ソングライター。本名レイ・チャールズ・ロビンソンRay Charles Robinson。ジョージア州オルバニーに生まれ、フロリダで育った。病気のため7歳のときに失明し、1937年から1945年まで盲目児童のための州立学校でクラシックのピアノとクラリネットを学ぶ。1947年からいくつかの楽団に参加した後、1948年シアトルに移住。ナット・キング・コール・トリオを範としてマクソン・トリオMcSon Trioを結成、ジャズとブルースで注目され、1949年からレコード録音を始める。1954年に自身の楽団を結成。『アイ・ガット・ア・ウーマン』(1955)、『ハレルヤ、アイ・ラブ・ハー・ソー』(1956)などを皮切りにヒットを連発、『ホワッド・アイ・セイ』(1959)が初のミリオンセラーとなる。『わが心のジョージア』で1960年度グラミー賞最優秀シングル男性歌唱賞を受賞、その後1993年の『ア・ソング・フォー・ユー』などグラミー賞を生前に計12回受賞、2005年には遺作となったアルバム『ジーニアス・ラヴ』で同賞最優秀アルバム賞、ノラ・ジョーンズとのデュエット曲「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」で最優秀レコード賞など計8部門で受賞した。ブルースの精神を広く現代人に再認識させた功績は大きく、「ジニアス」(天才)と称され、敬愛された。1989年(平成1)にサザンオールスターズの桑田佳祐作『いとしのエリー』の英語詞版『エリー・マイ・ラブ』が日本で発売されて大ヒットした。[青木 啓]
『ティモシー・ホワイト著、石岡公夫・月村澄江訳『ロック伝説上巻 プロフィールとインタビュー36』(1995・音楽之友社) ▽Ray Charles, David Ritz:Brother Ray;Ray Charles' Own Story(1992, Da Capo Press)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チャールズ
(Charles) イギリス王の名。
[一] (一世) スチュアート朝の王(在位一六二五‐四九)。ジェームズ一世の子。王権神授説を奉じて専制政治を布く。一六四〇年に短期議会を、ついで長期議会を召集したが、ピューリタン革命をひきおこし、四九年に処刑された。(一六〇〇‐四九
[二] (二世) スチュアート朝の王(在位一六六〇‐八五)。チャールズ一世の子。ピューリタン革命中はフランスに亡命。王政復古後即位し、スチュアート朝を復活。審査律・人身保護令により王権は制限された。(一六三〇‐八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャールズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャールズの関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎マキノ雅広五所平之助ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)内田吐夢島津保次郎

他サービスで検索

「チャールズ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.