Rakuten infoseek

辞書

チャンドラグプタ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャンドラグプタ
Chandragupta
インド,マウリヤ朝創始者 (在位前 317頃~296頃) 。漢訳仏典では旃陀羅掘多,月護などと記す。ナンダ朝治下のマガダ国辺境で挙兵してこの王朝を倒し,さらに北西インドからアレクサンドロス3世 (大王)の残したギリシア勢力を一掃して,インド史上初めて北インドを統一した。さらにセレウコス朝シリアの軍と戦ってアフガニスタン地方を奪い,南はデカン高原に兵を進めた。『アルタシャーストラ (実利論) 』の作者と伝えられるカウティリヤが,さまざまな謀略を用いてチャンドラグプタの偉業を助けたといわれる。セレウコス朝とはのちに講和条約を結んで使節を交換したが,このとき都のパータリプトラを訪れたメガステネースは,帰国後に『インド滞在記』を著わしている。ジャイナ教の伝説によると,晩年その子ビンドゥサーラに王位を譲り,みずからはジャイナ教の苦行者になり,南インドで没したという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チャンドラグプタ(Chandragupta)
インドのマウリヤ朝の創始者。在位前317ごろ~前296ごろ。マガダ国のナンダ王朝を倒して、北インドを統一。さらに西北及び南インドまで勢力を拡大、インド最初の統一帝国を建設。生没年未詳。
(1世)インドのグプタ朝の創始者。在位320~335ごろ。即位した320年を元年とする「グプタ紀元」を創設。生没年未詳。
(2世)グプタ朝、第3代の王。在位376~414ごろ。領土を広げて最盛期を迎えた。中国文献は超日王と記した。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チャンドラグプタ【Candragupta】
古代インド,マウリヤ朝の創始者。在位,前317‐前293年ころ。生没年不詳。出自については,ヒンドゥー教の文献がシュードラの血を引くと伝え,仏教の文献がクシャトリヤの出身とするなど,伝説間に一致をみない。ギリシア側の文献は彼をサンドロコットスSandrokottosの名で呼び,卑賤の生れであると伝えている。前317年ころマガダ国の辺境で挙兵し,ナンダ朝を倒して王朝を創始した。彼のこの偉業は,バラモン出身の宰相カウティリヤの策謀に負うところが大きかったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チャンドラグプタ【Chandragupta】
古代インドのマウリヤ朝の創始者(在位 前317頃~前293頃)。マガダ国を根拠に北インドを統一、アレクサンドロス大王の残したギリシャ勢力を一掃し、インドに最初の統一帝国を築いた。生没年未詳。
(一世)インド、グプタ朝の創始者(在位 320~335頃)。クシャン朝衰退ののちガンジス川中流域を領有、グプタ朝の基礎を築いた。生没年未詳。
(二世)インド、グプタ朝第三代の王(在位 376頃~415頃)。西部インドに版図を広げ、グプタ朝の最盛期を現出した。中国名、超日王。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チャンドラグプタ
ちゃんどらぐぷた
Chandragupta
生没年不詳。古代インドのマウリヤ朝の建設者(在位前317~前296ころ)。卑賤(ひせん)な階級の出身といわれているが、確かなことはわかっていない。マガダ国のナンダ朝を倒し、それにかわって、2世紀にわたり進展してきたマガダ国の北インド統一支配の事業を遂行し、さらにアレクサンドロス大王が残したギリシア人勢力を西北インド辺境地方から一掃した。紀元前305年ごろセレウコス朝ニーカトール(セレウコス1世)が東進すると、これと和議を結んで、アフガニスタン南半をも領土とした。かくして彼は空前の大領域をもつインド最初の統一帝国を建設した。この帝国については、セレウコス朝の使節メガステネスの旅行記と、チャンドラグプタの宰相カウティリヤの著作といわれる『アルタ・シャーストラ』(実利論)とに描かれている。それによれば、彼は専制的な君主であって、帝国の支柱は巨大な常備軍と機構の整備した官僚とであった。豊饒(ほうじょう)なガンジス流域は河川によって灌漑(かんがい)され、その発展した農業生産は帝国の経済的基盤となった。また、都市の商工業を管理下に置き、その交易を監督した。[山崎利男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チャンドラグプタ
(Chandragupta)
[一] インド、マウリヤ朝の始祖(在位前三一七‐前二九三頃)。ナンダ朝を滅ぼして、マウリヤ朝を創建。紀元前三〇五年、ほぼインド全域の統治に成功して、史上最初の統一帝国を実現した。専制政治を断行したが、仏教やジャイナ教を保護して、インドの宗教文化の基礎を作った。生没年未詳。
[二] (一世) インド、グプタ朝の創始者(在位三二〇‐三三五頃)。マガダ地方の小王の子。名家との結婚によって勢力を得、パータリプトラを都として、範囲をアラハバードまで拡大、王朝の基礎を築いた。生没年未詳。
[三] (二世) インド、グプタ朝第三代の王(在位三七六‐四一四頃)。サムドラグプタの子。サカ国を滅ぼして西部インドを併合、西アジアとの通商によって経済を発展させて、王朝の最盛期を築いた。超日王。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャンドラグプタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャンドラグプタの関連情報

他サービスで検索

「チャンドラグプタ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.