Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

チャルメラ

世界大百科事典 第2版

チャルメラ
楽器リード笛を意味するスペイン語およびポルトガル語charamelaの訛したもの。表7孔,裏1孔の指孔をもつ木製の円錐管で,吹口にわらをくくりつけるのでそれがダブル・リードとして機能する。日本では屋台の中華そば売りの楽器として知られているが,歌舞伎囃子では中国情緒や下町気分を表現するときに用いる。16世紀後半にスペイン・ポルトガル系のシンチュウ製のチャルメラが伝来,16世紀末以後中国の嗩吶(さない)(スルナイ)が伝わったといわれ,前者は後代には伝わらず,名だけが残り,後者の中国系のものにチャルメラの名をあてて呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チャルメラ
ちゃるめら

日本のダブル・リード(複簧(ふくこう))気鳴楽器。木製円錐(えんすい)管で、表に7、裏に1個の指孔(ゆびあな)があり、吹口に二つ裂きの藁(わら)を取り付け、口にくわえて吹奏する。中国の嗩吶(ソーナー)が16世紀末に渡来して日本化したものと考えられている。一般には、「ドレミレド、ドレミレドレ」の基本旋律を即興的に変奏しながら深夜の町を流す夜鳴きそば屋の楽器として、庶民的な下町の音の一端を担ってきた。こうした背景があるため、歌舞伎囃子(かぶきばやし)で中国的な雰囲気を出したり(『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』など)、下町の感じを出す(『髪結藤次(かみゆいとうじ)』など)のに利用され、長唄(ながうた)では『虎狩(とらがり)』『三国妖狐物語』の唐楽(とうがく)の合方(あいかた)などに用いられた。

 名称については、16世紀後半伝来の中国系とは異なるイベリア系真鍮(しんちゅう)製のものが南蛮笛とよばれたが、これは普及せず、そのポルトガル語charamelaがなまった「チャルメラ」が転用されたと考えられる。これら一連の類似楽器は、西アジアのスルナイ、またはその祖型から伝播(でんぱ)変容したのであろう。

[山口 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チャルメラ
〘名〙 (charamela の転訛したもので「哨吶」「南蛮笛」などとも書いた)⸨チャラメラ・チャルメイラ・チャルメル・チャルメロ・チャリメロ・チャロメロ・チャンメラ・チャンメル⸩
① オーボエ属の古典的管楽器の一つ。真鍮製で、一六世紀ポルトガルやスペインから日本に伝来した。南蛮笛。唐人笛。スールナイ。
② ①の楽器に由来する管楽器。ダブル‐リードを持つ簡単な構造の縦笛型で、先端は朝顔状に開く。現在では、屋台の中華そば屋の宣伝に使用。
※呂宋覚書(1671)「其外色々はやし物あり、尤チャルメイラあり」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「浩処に、喇叭(らは)、嗩吶(チャロメロ)、銅鑼鼓の音」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャルメラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャルメラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.