Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

チャリョン(車嶺)山脈【チャリョンさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャリョン(車嶺)山脈
チャリョンさんみゃく
Ch'aryǒng sanmaek
朝鮮半島の中部北東から南西方向に延びる山脈。半島の東岸に連なるテベク (太白) 山脈からオデ (五台) 山付近で分岐し,南西はファン (黄) 海に入ってコグンサン (古群山) 群島をなす。北部はナムハン (南漢) 江の上流域で,中部以南は東がクム () 江,西がサプキョ (挿橋) 川などの流域である。模式的な老年期地形で,南半は準平原の間に丘陵性の残丘が分布する。南部のケリョン (鶏竜) 山は名山で国立公園に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャリョン(車嶺)山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャリョン(車嶺)山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.