Rakuten infoseek

辞書

チャイコフスキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャイコフスキー
Chaikovskii, Nikolai Vasil'evich
[生]1850.12.26. ビャトゥカ
[没]1926.4.30. ハーロー
ロシアの社会主義者。 1869年ペテルブルグ大学に在学中,ナロードニキサークルに参加,P.A.クロポトキンらとともに社会主義の漸進主義的啓蒙活動を行なった。このサークルは,彼の名を取って「チャイコフスキー団」と呼ばれた。その後,その思想を宗教的人間主義の立場へと転換し,75年アメリカに亡命。 1905年帰国して社会革命党右派に参加しその指導者となった。 17年十月革命に際してボルシェビキに反対し,18年アルハンゲリスクに反革命北ロシア臨時政府をつくったが失敗,19年パリに亡命した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャイコフスキー
Chaikovskii, Pëtr Il'ich
[生]1840.5.7. ボトキンスク
[没]1893.11.6. サンクトペテルブルグ
ロシアの作曲家。サンクトペテルブルグの法律学校に学び,法務省に就職したが,1862年ロシア音楽協会の音楽教室 (のちに音楽院) に入り,アントン・G.ルビンシテインらに師事し,ヨーロッパ音楽の伝統的手法を学んだ。卒業後モスクワ音楽院で教鞭をとりながら,国民楽派的傾向の作品を書いた。1875年『ピアノ協奏曲第1番』を作曲,その後バレエ音楽白鳥の湖』,オペラ『エブゲーニー・オネーギン』などを発表。ナジェジダ・フォン・メックの資金援助を受け,ヨーロッパ各地に旅行,『イタリア奇想曲』『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』を完成。1893年『交響曲第6番』を初演,その 1週間後にコレラに罹患して他界した。のちに『交響曲第6番』は『悲愴』と名づけられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャイコフスキー
Chaikovskii
ロシア中西部,ペルミ地方の都市。ペルミの南西約 200kmにあり,カマ川中流部をなすボトキンスク人造湖南端部に臨む。ボトキンスクダムの建設 (1955) に伴ってつくられ,1962年市となった。絹織物,木材,食肉の各コンビナート,船舶修理工場,合成ゴム工場などがある。市名は作曲家ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーを記念したもの。カザンエカテリンブルグを結ぶ幹線鉄道から分岐する支線の終点。人口 8万8300 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)
[1840~1893]ロシアの作曲家。国民楽派に対して、ロシアの西欧派を代表。西欧音楽のロマン派の技法をロシアの土壌の上に発展させた。作品に、ピアノ協奏曲、交響曲「悲愴」、バレエ音楽「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「胡桃(くるみ)割り人形」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

チャイコフスキー
ロシア、ウラル地方のヴォトキンスクで鉱山技師の父の元に生まれた。家族に職業音楽家はいないが、父がフルートを演奏し、母もピアノを弾くなど音楽的な素養があった。1859年から法務省の官吏になるが63年に ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

チャイコフスキー【Pyotr Il’ich Chaikovskii】
1840‐93
ロシアの作曲家。ウラル山麓の鉱山町ボトキンスで鉱山監督官の家に生まれた。1852年ペテルブルグの法律学校に入学し,59年に同校卒業。法務省に9等文官として職を得た。幼時からピアノを学んだり,即興演奏を楽しんだりしていたが,法律学校時代に声楽,ピアノ,音楽理論を習い,62年ペテルブルグ音楽院開設と同時に,その第1回生となり,アントン・ルビンシテインらに師事した。63年には法務省を退職して音楽に専念し,66年卒業と同時に,新しく開設されたモスクワ音楽院に音楽理論の教師として迎えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チャイコフスキー【Pyotr Il'ich Chaikovskii】
1840~1893) ロシアの作曲家。ルビンシテインに師事、西欧的な伝統ロシア古典主義音楽を完成させた。作品、バレエ音楽「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」、オペラ「エフゲニー=オネーギン」や、第六交響曲「悲愴」、ピアノ協奏曲、バイオリン協奏曲など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チャイコフスキー
(Pjotr Il'ič Čajkovskij ピョートル=イリイチ━) ロシアの作曲家。ウラルの鉱山監督官の子に生まれ、法律学校卒業後官吏となったが、のち音楽に転じた。西欧音楽の形式と技術を大胆に駆使。代表作は交響曲第六番「悲愴」、ピアノ協奏曲第一番、バレエ音楽「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」など。(一八四〇‐九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャイコフスキー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャイコフスキーの関連情報

関連キーワード

逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合道光帝クールベコンドラチエフの波シューマンアールブルク小泉八雲

他サービスで検索

「チャイコフスキー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.